低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、
彼らは大学を出ていないという共通点がある。
実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。

彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。

差別的発言をしてしまうのは、それがよくないこと、それをすると批判されることを知らないからではない。

差別的発言だけでなく、子供が大人になるにつれて、いたずら、いじめ、泣く、すねる、ダダをこねる、等のことをしなくなっていくのも同じだ。

いたずらはよくない、泣くのはよくない、ダダをこねるとお父さんやお母さんが困るからやめよう、などと悟っていくのではない。

人が成長するにしたがって他人を見下したり自分を誇大に思い込んだりしないようになるのは、その必要がなくなるからである。

自分が成長して、他者より能力があり優れていることが自覚できれば、自分より劣ったものや弱いものを蔑んだり差別したりしようなどとは思わない。

それをしてしまうのは、自信のなさと劣等感の表れである。

自分が劣等でありそのことで不遇な目にあい自分が差別されていると感じているから、自分よりさらに劣ったものを探してそれをこき下ろすことで不安やストレスを解消しようとするのである。

SNS(私はツイッターくらいしか見ないが)で差別的発言があったときにヒステリックに反応する人たちも、きっとそういう人たちだろうな、と思いながら見ている。

私は別になんの怒りも感じない。

私も劣等感や人間関係でのストレスというものは感じているが、それを民族とか職業とかに拡大し一般化することはしない。

人が何か不満を抱くときには必ず個別の事件や、個別の人や関係などが原因になっているはずだ。

私はヘイトはよくないと思っているが、ヘイトは単なる差別意識の表れではないとも思っている。

それは劣等感の表れであるのともう一つ、問題をなんでも一般化、抽象化してしまうことだ。


先日もニュージーランドで差別的な思想にもとづいたと思われる大量殺人事件があったが、インターネットではその事件を移民問題であるとか銃規制の問題であるとかに一般化抽象化するニュース記事などが掲載された。

幼児殺害事件があって犯人がアニメが好きだとか、残酷なゲームを好んでいたとかいうのも、個別の人間ではなく「そういうことをするタイプの人間」という「型」を探してそれをやり玉にあげる、という本能のようなものを人間は持っている。


.....

ここまで書いてきて「ヘイト発言をするのは低学歴」という私の意見もそうなのかなとギクっとした。


SNSとか職場とかで「議論」というものを見てウンザリする。

彼らのしているのは議論などというたいそうなものではなく単なる口論、口喧嘩にすぎない。

「エビデンスを出せ」「ソースは何だ」というのは、子供がけんかしたときに「何時何分何曜日地球が何回まわる頃!?」というのとなんらかわらない。

私は事実に基づかないと話をすすめない人が嫌いだ。

それが事実であるとわかって初めてその原因や対策を考えるのは愚かというか、それでは遅い。

何か問題があると、それが発生した根本原因を探る。そしてその根本原因を解消して問題の再発を防ぐ。こういうことをサラリーマンや公務員はいやいやながらやっている。

考えてみてほしい。もし、個別の問題の背後にある根本原因がわかったら、それによって発生している個別の問題のことはどうでもよくないだろうか?

ヘイト発言を繰り返す鈴木、山田、佐藤、斎藤という4人の男がいたとする。

その背後に、ヘイト大魔王という悪魔がいて、その悪魔が4人の心を支配してヘイト発言をおこなわせていたとする。

それなら、ヘイト大魔王を退治するのが先決である。

こういう話をすると、「何をバカなことを言っているんだ、そんな大魔王がいるわけがない」ということをいう人がいる。

また、サラリーマン(めんどくさいので会社員や公務員やアルバイトや派遣社員らをまとめてこう呼ぶことにする)が業務上の問題の根本原因をあげるときに、「大魔王」レベルの空想的妄想的原因をあげることも多い。

しかしその誤った原因究明も、事実に基づいていればしかたなしとされるところがある。

私にはそれが許せない。

目的は問題の解消であり、事態の改善である。企業であれば利益の増大である。そのための顧客獲得であり、職場のモラルの向上であり、パワハラやセクハラの根絶なのである。

しかしサラリーマンは自分の仕事を誰かの命令あるいは生活の糧を得るための義務としてしかとらえない。

だから、「それが事実なのか」とか「大魔王なんていない」みたいな細かい誤字脱字のようなことばかりにこだわる。


こういうことがなぜ起こるのか、自分はなぜこういうことにストレスを感じているのか、ということを考えて思い当たる自分と他人の違いは、読書経験、ビジネス書やハウツー物ではなく、文学とか詩とかを読んだ経験、音楽、演劇、絵画、そういうものを鑑賞した経験、その差に思えてならない。

「意識高い系」の人々にとっては読書とは知識獲得手段であって、事実や真理以外のことに時間をかけるのは無駄なのである。

美などというものは仕事が終わった後の居酒屋で飲むビールのような、ひまつぶしやストレス解消のためのものでしかない。

そういう人間がただの口喧嘩や意地の張り合いを「議論」と呼び、汚い言葉や文章をなげあってみずからストレスを増やし、醜く年老いて死んでいくのである。


.....


ここまで書いたことを読み返してみて、「個別の問題を見ろ」という主張と、「問題を抽象化するな」という二つの矛盾した主張が入り乱れているように見える。

多分、こんなことを言ったらそういう指摘を受けるだろうな、と思いながら読んでいた。

が、考えるというのは、そういうことである。

ある問題があったらそれを調査して原因を究明しその根本原因をとりのぞく、とか、

個別の事件の背景には根本となる社会問題がある、とか、

そういう型にあてはめていくような思考からはありきたりの発想しかでてこない。



問題を解決するための情報が完璧にそろえば楽であるが、
そんなことはめったにない。
それなのに、その完璧に情報が揃う状態を待って何もしない人がいる。

それも、誰かのためではなく自分のためだ。

自分が批判されたくないというだけの理由だ。

そんな人たちを待っていられないし、そんな人たちのつまらない揚げ足取りを聞いている暇もない。

ストレスではある。

だがそのストレスをヘイトという形で民族とか職業とかいうものに憎悪を投げつけて発散するのもむなしい。

そう思ってこのエントリーを書いた。

私のブログは全部そうなのだが、主張を決めて構成を考えて書いたりはしていない。

自分でも何を書こうか、どういう結論になるかはわからずに書き始める。

文章というものはそれでいいと思っている。


テンプレートに言葉をあてはめていくような文章を書くのはウンザリだ。







禁酒 2019

禁酒した。
1/7から。

年末年始の休み中、体調がすぐれず、
酒も食事もまずい。

最終的には女房にやめろと言われて、やめた。

何度か禁酒したことはあり、いつもすぐ体調がよくなってそれまで酒を飲んでいたことがバカらしくなったものだが、

今回はそれがない。

それどころか、たまたまかもしれないが、すぐに風邪をひきのどが痛み、
ずっと体調が悪い。

そして、なんだかちょっとボケたような感じがある。

さっきも鍋をもったままつまづいて机の上に倒れこんだ。

お茶を飲もうと思ってカップでなくお皿に注ごうとした。

など。


2週間になった。

ある人が「禁酒は2週間やらないと意味がない」と書いているのを読み、
自分の経験からも、そうだよなと思い2週間頑張った。

あと1週間くらいしたらまた飲むつもりである。

飲みたい気持ちはある。

しかし、ビールとかハイボールは飲みたいと思わない。水割りとかも。

ウイスキー、焼酎をストレートで飲みたい。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性
のどの検査も陰性
血液検査で梅毒は陰性
結局何にも感染していなかった。

医者は、前立腺炎ではないかという。
その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、
さらに1週間分飲んだ。

尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、
まだ鼠径部に痛みまではいかないが軽い違和感がある。

最近生活がやや不規則で、
仕事以外のことでストレスを感じており、
体調も万全ではない。

結晶

またアソコの具合がおもわしくない。

排尿時にかすかに痛む。痛いというほどでもないくらいのかすかさだが、
もう3週間くらいになる。

心当たりはある。

ウミは出ていない。

病院へ行って尿検査をしたら、白血球が出ているので炎症をおこしており、
なんらかの菌に感染している可能性があるとのことだった。

そして、小さな結晶が出ているといわれた。

まだ深刻な状態ではなさそうだが、水分を多くとるように言われた。


そして、ここ数か月消えないのどの違和感についても、
綿棒のようなものでちょこっと触って、検査することになった。



外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。

誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。

パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。

アプリ等はほとんどインターネットを使用して大量に蓄積した単語やフレーズ等を参照しているようだ。


だが私は、このことについて、便利な世の中になった、と喜ばしい思いはあまりしない。

私は外国語を勉強するのが好きで、英語だったらほとんど翻訳なしで読める。

書いたり話したりするのはまだまだだが。


英語に関しては、どのように勉強したかというと、ひたすら辞書を引き、ひたすら英文和訳と和文英訳を繰り返しただけである。

とくに海外留学をしたわけでも英会話学校に通ったわけでもない。

もし普通以上のなにかがあるとすれば、私は教科書だけでなく、歌詞レコード屋で借りた洋楽の歌詞であるとか、インターネットのニュース、海外のスポーツの情報なども読んできたことだ。

そして、学校で習っていない表現、学校で習ったが使われ方のニュアンスが思っていたのと違う表現などをたくさん目にしてきた。

学校でならう文法に忠実になるか、実際の言葉は学校で習うこととは違うから勉強しないか、ほとんどの人はこのどちらかになってしまう。

しかし私は、学校の文法は基礎として十分に学びつつ、たくさんの生きた言葉を読み、覚えてきた。

この「覚える」ことが大事だ。

大量に高速の外国語をインプットまたはアウトプットするとき、日本語でこういうのを英語ではなんというのだろうか?と考えていたのでは追いつかない。

また、かならず1対1に対応する単語や表現があるわけでもない。

だから、英語を使うときは英語で考えるのである。

木になっている赤い果物はりんごである、リンゴは英語でappleである、という風には考えない。

あの赤い果物はappleである、という風に考える。


そして、そういう考え方ができるようになるには、ある程度の語彙と、文法の知識と、あと文字の組み立て方は把握している必要がある。

往々にして、最小限の法則を覚えてそれを応用しようとするのだが、それは無駄である。

今のアプリなどがしているように、大量のデータを参照してそこから探すほうが速いし、言葉にはあまりにも例外が多すぎる。


私は翻訳機やアプリを使いたくない。

なんといっても、スマホに翻訳させてそれを見せたりしゃべらせたりして会話をするのは味気ないし、失礼ではないだろうか。

そして、言葉を使うことはそれほど高度な技術ではない。

外国語としてとらえて翻訳や通訳することが難しいのであって、

その言葉をそのまま使うことはそんなに難しいはずはないのである。

子供でも話すようになるのだから。


おそらく英語をはじめとして外国語に拒否反応を示す人は、外国語を話すことは翻訳のスペシャリストになることだと考えているからだろう。

その必要はない。

中国

中国に出張に行ってきた。

威海という街。

聞いたことがなかったが、いろいろと調べていて、歴史の授業で習った「威海衛の戦い」の威海だということがわかった。

山東半島の、渤海に面したところにある。

半島や湾の名前も学校で習ったがすっかり忘れていた。


威海には空港があるが日本からの直行便はなく、韓国で乗り継ぎをした。

しかも金浦空港から仁川空港までの移動もともなう。


中国では現金があまり使えないという噂を聴いていて、alipayとwechatをiPhoneにインストールし、チャージしてみた。

日本でも使える場所があるので試しに使ってみたのだが、「中国の身分証明書がないので使えない」というようなメッセージが表示されて使えない。

しかし、中国では使えた。

小さな、飲み物やお菓子などが売っている店で、ペットボトルのお茶を買って使ってみたら使えた。

大きめの店ではalipayも使えるが、wechatが主流のようだった。

2軒の店で使ったが、どちらもwechatしかなかった。


現金が使えたかどうかはわからないが、使えるような雰囲気だった。

空港でおみやげを買うときにも使ったが、その時は店にいて案内してくれた日本語のできる女性が、「ウェイシン使えるんですか?」と逆に驚いていた。


小さなラーメン屋のような店にも行ったが、現金が使えて、50元払って6元のお釣ももらえた。

5元札と1元札だった。

ちなみに二人で麺料理をひとつずつと羊肉の串焼きを4本食べての値段である。

日本円で700円くらい。

味も量もなかなかで、出張中はいろんなおいしいものをごちそうになったのだが、

もう一度食べたいのはどれかと聞かれたら、この10元の刀削麺かもしれない。

その場で麺を打って作ったもので、パクチーがふんだんに入っていた。

私はパクチーは大好物だ。



今回は滞在期間も短く、食事や移動は現地の方に世話して頂いたので、

あまり中国についてよく知ることはできなかったが、

行く前に不安に思っていたような治安の悪さとか、ぼったくりとか、そういうことは一切なかった。




















カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。

最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。

さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。


体調がよく空腹のときに何回か食べた。

まず食べたのがなか卯だ。

プレミアムカツカレーとかいう名前で、850円くらいした。

カレーの色が濃い茶色っぽく、牛肉が入っていて、ちょっと甘いというのか、デミグラスソースというのか、よくわからないが私が好きなカレーではなかった。

次に食べたのは松乃屋で、これは理想に近かった。ルーは黄色っぽく、とくに何の変哲もないものだが、それを求めていた。

次は日乃屋。外観はちょっとおしゃれというか高級感を感じさせたが入ってみると食券式でファストフードだった。

少し時間がかかって出てきたカレーはルーがご飯を覆いつくしていた。それが少し嫌だった。

カレーはふつう。カツは大きく厚く柔らかかったが、なんの味もなかった。


今のところ松乃屋が一番よい。


低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、 彼らは大学を出ていないという共通点がある。 実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。 彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。...