外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。

誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。

パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。

アプリ等はほとんどインターネットを使用して大量に蓄積した単語やフレーズ等を参照しているようだ。


だが私は、このことについて、便利な世の中になった、と喜ばしい思いはあまりしない。

私は外国語を勉強するのが好きで、英語だったらほとんど翻訳なしで読める。

書いたり話したりするのはまだまだだが。


英語に関しては、どのように勉強したかというと、ひたすら辞書を引き、ひたすら英文和訳と和文英訳を繰り返しただけである。

とくに海外留学をしたわけでも英会話学校に通ったわけでもない。

もし普通以上のなにかがあるとすれば、私は教科書だけでなく、歌詞レコード屋で借りた洋楽の歌詞であるとか、インターネットのニュース、海外のスポーツの情報なども読んできたことだ。

そして、学校で習っていない表現、学校で習ったが使われ方のニュアンスが思っていたのと違う表現などをたくさん目にしてきた。

学校でならう文法に忠実になるか、実際の言葉は学校で習うこととは違うから勉強しないか、ほとんどの人はこのどちらかになってしまう。

しかし私は、学校の文法は基礎として十分に学びつつ、たくさんの生きた言葉を読み、覚えてきた。

この「覚える」ことが大事だ。

大量に高速の外国語をインプットまたはアウトプットするとき、日本語でこういうのを英語ではなんというのだろうか?と考えていたのでは追いつかない。

また、かならず1対1に対応する単語や表現があるわけでもない。

だから、英語を使うときは英語で考えるのである。

木になっている赤い果物はりんごである、リンゴは英語でappleである、という風には考えない。

あの赤い果物はappleである、という風に考える。


そして、そういう考え方ができるようになるには、ある程度の語彙と、文法の知識と、あと文字の組み立て方は把握している必要がある。

往々にして、最小限の法則を覚えてそれを応用しようとするのだが、それは無駄である。

今のアプリなどがしているように、大量のデータを参照してそこから探すほうが速いし、言葉にはあまりにも例外が多すぎる。


私は翻訳機やアプリを使いたくない。

なんといっても、スマホに翻訳させてそれを見せたりしゃべらせたりして会話をするのは味気ないし、失礼ではないだろうか。

そして、言葉を使うことはそれほど高度な技術ではない。

外国語としてとらえて翻訳や通訳することが難しいのであって、

その言葉をそのまま使うことはそんなに難しいはずはないのである。

子供でも話すようになるのだから。


おそらく英語をはじめとして外国語に拒否反応を示す人は、外国語を話すことは翻訳のスペシャリストになることだと考えているからだろう。

その必要はない。

中国

中国に出張に行ってきた。

威海という街。

聞いたことがなかったが、いろいろと調べていて、歴史の授業で習った「威海衛の戦い」の威海だということがわかった。

山東半島の、渤海に面したところにある。

半島や湾の名前も学校で習ったがすっかり忘れていた。


威海には空港があるが日本からの直行便はなく、韓国で乗り継ぎをした。

しかも金浦空港から仁川空港までの移動もともなう。


中国では現金があまり使えないという噂を聴いていて、alipayとwechatをiPhoneにインストールし、チャージしてみた。

日本でも使える場所があるので試しに使ってみたのだが、「中国の身分証明書がないので使えない」というようなメッセージが表示されて使えない。

しかし、中国では使えた。

小さな、飲み物やお菓子などが売っている店で、ペットボトルのお茶を買って使ってみたら使えた。

大きめの店ではalipayも使えるが、wechatが主流のようだった。

2軒の店で使ったが、どちらもwechatしかなかった。


現金が使えたかどうかはわからないが、使えるような雰囲気だった。

空港でおみやげを買うときにも使ったが、その時は店にいて案内してくれた日本語のできる女性が、「ウェイシン使えるんですか?」と逆に驚いていた。


小さなラーメン屋のような店にも行ったが、現金が使えて、50元払って6元のお釣ももらえた。

5元札と1元札だった。

ちなみに二人で麺料理をひとつずつと羊肉の串焼きを4本食べての値段である。

日本円で700円くらい。

味も量もなかなかで、出張中はいろんなおいしいものをごちそうになったのだが、

もう一度食べたいのはどれかと聞かれたら、この10元の刀削麺かもしれない。

その場で麺を打って作ったもので、パクチーがふんだんに入っていた。

私はパクチーは大好物だ。



今回は滞在期間も短く、食事や移動は現地の方に世話して頂いたので、

あまり中国についてよく知ることはできなかったが、

行く前に不安に思っていたような治安の悪さとか、ぼったくりとか、そういうことは一切なかった。




















カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。

最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。

さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。


体調がよく空腹のときに何回か食べた。

まず食べたのがなか卯だ。

プレミアムカツカレーとかいう名前で、850円くらいした。

カレーの色が濃い茶色っぽく、牛肉が入っていて、ちょっと甘いというのか、デミグラスソースというのか、よくわからないが私が好きなカレーではなかった。

次に食べたのは松乃屋で、これは理想に近かった。ルーは黄色っぽく、とくに何の変哲もないものだが、それを求めていた。

次は日乃屋。外観はちょっとおしゃれというか高級感を感じさせたが入ってみると食券式でファストフードだった。

少し時間がかかって出てきたカレーはルーがご飯を覆いつくしていた。それが少し嫌だった。

カレーはふつう。カツは大きく厚く柔らかかったが、なんの味もなかった。


今のところ松乃屋が一番よい。


コーヒーミル

引っ越した。

1週間断酒したが今はまた飲んでいる。

しかし自分でも酒の飲みすぎはよくないとわかっている。


引っ越したマンションは家具付き物件で、コーヒーメーカーがあった。

粉と水を入れてスイッチを押すとできるものだ。


実家にあったので少し飲んだことはあるが、

普段はネスカフェか、自動販売機だ。


イトーヨーカドーで粉を買ってきて飲んでみた。

粉の量と水の量の加減がよくわからないが、

ネスカフェよりはマシだ。


粉がなくなったのでまた買いに行って封を切ると、豆だった。

せっかくなのでミルを買うことにした。


電動だと高いし、なんでもかんでも電気を使うのはなんだか安易な気もして手動のものを買った。

ハンドルをくるくる回すものだ。

最初に回すときは思ったより手ごたえがある。

そして、なかなかたまらない。時間がかかる。

1杯分を引くのに15分くらいかかっただろうか?


ハンドルを回しながら、電動でできるのにこんな面倒なことをあえてする機械が売られているということは、それでなくてはならない理由があるはずだと考えた。

その一つは挽くスピードである。

なかなか挽けないので速く回そうとしたが、速く挽きすぎると熱で劣化してしまうらしい。

機械では速すぎるのではないか?

自動販売機で、その場で豆を挽いていれるものがあるが、お金を入れて出てくるまで1分である。

そしてそもそも、粉でない豆の状態で売られているということ。

わざわざ自分で挽くという手間をかけること。

それにメリットがあるからである。



さて、手で挽いた粉を使って淹れたコーヒーを飲んでみた。

全然違う!と驚くほどの違いはない。

気持ち、まろやかというか、雑味がないというか、透き通ったようというか、
そんな風に感じないこともないが、粉で飲んでいたのと今回のはロースト方法自体が違うので比較にならない。

でも、気持ちほどでもいいに越したことはない。

なんでもかんでも効率ばかり求めるのはダメ。

安易なものは、よくない。なんでも。

断酒

まる3日酒を飲んでいない。

いまいる職場に来てから一日たりとも酒を欠かしたことはなかった。

4年間。

しかも、その前から飲み続けていた。

最後に断酒したのはいつだろうか?

三沢光晴が亡くなったとき、1か月くらい断酒したのをおぼえている。

それ以後、したかしていないか定かではない。

三沢が死んだのは2009年6月だから、9年前ということになる。

恐ろしい。


特に体がおかしいとかいうわけではない。

まったくなんでもないわけでもない。

もう1か月くらい、ずっとのどが、痛いというほどではないが、腫れていて、
違和感があり、いつも咳払いしている。

酒を飲んでもあまりおいしくなかった。

そのため、意を決してやめるという感じではなく、飲みたくなくなった。

特に禁断症状のようなものはない。

しかし、完全に習慣化していて、無意識に酒を買いに行こうとすることがある。


気分はよい。

体調もよい。

寝覚めがよく、早起きできる。


仕事が終わって酒を飲まないと、なんともいたたまれないというか手持無沙汰というか、いったい何をすればいいのかと戸惑いのようなものを感じる。

しかし、酔っ払っていたときの無意味さと自分の行動の愚かしさはわかっていたので、

それよりはぼーっとして何もせずにいたほうがまだマシだ、と思うようにしている。






沖縄知事

沖縄県知事が辺野古移設に反対する候補者が当選したということがニュースになっていたが、そういうことは知事の一存でどうなるものではなく議員の投票などで決定していくのではないのか?

日大タックル事件の真相

誰が本当のことを言っているかわからない。

監督が指示したのかどうかということが話題になっているが、結論を言うと私は指示していないと考える。

指示というのは、「パスし終わって2秒もたったQBにタックルする」ということについてである。

「QBをつぶせ」といったことは選手、コーチ、監督すべてが認めている。

しかし、つぶせと言われてあの1プレー目のレイトタックルをしたというのは到底受け入れられる理由ではない。

そして、「指示」もそんな意図ではなかっただろう。

それを裏付ける重要な事実がタックルした選手から語られている。

それは1プレイ目の後でコーチが「キャリアに行け」と言ったことである。

キャリアというのはボールを持っている選手のことだ。

それなのに、選手は2プレイ目にもボールをもっていないQBにタックルしている。



「つぶせ」という言葉だけで「どんな反則をしてもいいから相手がケガをして試合に出られなくなるようにしろ」と受け取るのはどう考えても拡大解釈である。


もっとも正直に語っているのはタックルした選手のように見えるが、彼もすべては語っていないだろう。

陳述書も弁護士によって念入りに推敲されたものであろう。


私が彼が語っていないと推測するのは「殺せ」という言葉である。

「つぶせ」だけではあんな無茶な反則を3回もしないだろう。


しかし、殺せと言われてそれに従ったとすると彼は殺人をしようとしたのを認めることになる。

だから彼はそれを伏せたのである。


世間の反応は監督が悪い、タックルした選手も被害者だ、というようなものが多い。

しかし私が釈然としないのは、あんなにみえみえの反則行為をすることを指示する理由がないことである。

今なっているように、あんなことをしたら批判を受けるのは当たり前である。



監督もコーチも選手も、アメフト以外に何も知らないような人たちである。

閉鎖的な暗い倒錯した世界が垣間見えて気分が悪い。

とっとと示談でも起訴でもして決着をつけてほしい。

外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...