スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

身体感覚

混雑した場所、あるいは狭い場所等での人の態度に不満がある。

混雑した電車に乗るときに背中にリュック等をしょっている人。

大した荷物でもないのにキャリーバッグをガラガラ引きずっている人。

トイレに出入りするときに猛スピードな人。

複数人で歩くときに横に並ぶ人たち。


それから、出入り口、エレベーターなどで、一人ずつしか通れないとみなしている人。



彼らにはたぶん、人間の体がどういうカタチなのかの認識がない。

自動車でいう車両感覚のようなものだ。


人間の体は、おおざっぱに見ると棒状であるが、

横にやや広い。

頭から下はかまぼこ板のような形状だ。

そして、足は、縦に長い。


狭い道等を歩くときは、体を横に向けて、横ばいに歩くようにすればすれ違える。

別に一人が通るのを待ったりする必要はない。

お前らは何か、横ばいができないのか?運動オンチか?

横ばいまでしなくても、上半身だけひねるだけでもだいぶ違う。

そんなこともできない?


リュックは混んだ場所では前面に回せ。

足のつま先から顔の前には三角形の空間がある。そこに収めろ。

背中に余計なでっぱりを作るな。



トイレに出入りするときに、なんでそんな急ぐのか。

ぶつかりそうになることがよくある。

誰かが出てくるかもしれない、入ってくるかもしれないと予測し、

それに対応できるような速度と心構えで出入りしろ。

何年生きてるんだ。


団体は横に広がって歩くな。

他の人が通れない。


お前らはあれか、自分が人の後ろに回るとなんか悔しいのか?屈辱なのか?

バカなのか?

朝生の後

村本がちょっとかわいそうだった。
朝生の件である。
放送は見ていなかったが後でyoutubeで観た。

彼は憲法の9条二項は読んだことがないといいつつ「非武装中立」を主張し、外国に侵略されても甘んじて殺される、国民は憲法のことなどよく知らないから報道のありかたも国民よりに変えるべきだなどと発言していたら、落合陽一に「小学校でならったでしょ」「小学校行こうぜ」とバカにされた。

学者であるとはいえ憲法は専門でもない一回りも年下の男から小学校行けなどと言われその姿を全国に放映されたくやしさと恥ずかしさには同情を禁じ得ない。

「侵略されたら抵抗せずに甘んじて殺される」というのは、おそらく極論なのだろうが、今までにも何度か聞いたことがある。たしか爆笑問題の太田もそんなことを言っていた。
私は非武装中立など論外だとは思うが、村本氏のような極論を言いたくなる気持ちもわからないでもない。
今までその実現の可能性はなく、候補にすら値しないと思っていた「非武装中立」であるが、念のため確認してみた。
非武装中立の国は存在しているのか?したことがあるのか?スイスはそうじゃないのか?スイスは永世中立国ではあるが軍隊は持っている。その他にも近い体制をとった国はあるようだが全く武力を持たない国はないようだ。
私が憲法のことを勉強したのは小学校ではなく中学校だ。社会科の教師は生徒が忘れ物をすると、憲法の条文を暗記させた。子供の頃はニュースなどで外国では戦争が起きているのを見て、「日本もいつか戦争をするのだろうか」とおびえていたが、憲法で日本は戦争をしない旨が明記されているのを知って『日本は戦争をしない国なんだ』と安心したのを覚えている。

どうせだから9条を引用しておこう(Wikipediaより)。
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
中学校の授業では「自衛隊は軍隊ではないのか」という議論がされた記憶はない。放棄するのはあくまでも「国際紛争を解決する手段として」の武力であって、文字通り「自衛」のための武力であるからよいのだと、理解した。もしくは、完全な武力放棄な…

レンガを積むようには考えない

私は「論理的に考える」ことを重視していない。

そもそも、考えるということは論理なしに成立せず、「論理のない思考」なんてものは存在しない。

「論理的な思考」「ロジカルな思考」というのは、だいたい「事実に基づいた思考」ということを指しているように見受けられる。

論理的な思考を否定する、なんていうとすごく馬鹿で低能で無教養な人間の発言と思われそうだが、私はけっして自分をそういう馬鹿だとは思っていない。

大学こそロクにいかずに中退してしまったが、子供の頃から勉強は好きでよくできて、級友や私と仕事をした人には大体おどろかれたものだ。

私が重視していないという「論理的思考」というものは、レンガを積み上げるような考え方の事だ。

事実に基づき明白なことだけを手掛かりとし、主観や感情を排除して考えを進めていく。

私も、煮詰ったときとか、疲れたときとか、冷静さを失っていると感じた時などにはそういう態度をとることもあるが、調子のいいとき、心身が正常であるときはそんなことはカッタるくてやっていられない。

バンバン主観で判断し、事実を確認しないまま推論で考えを進めていく。そうしないと、間に合わない。

いろんなタイミングとか、思いついたことが、レンガ積み上げ思考では蒸発し干からび飛び去って逃げ去ってしまう。


いろんな材料やチャンスが十分に与えられていて時間もありルールに守られた世界では悠長に確実な物事だけを積み上げていけばいいのかもしれないが、私が今まで生きてきた世界はそうではなかった。

何もかもが不平等であり情報はほんの一部しか公開されず、「非対称」どころではなく、それも大体は悪意をもってそうなっていて、「ルール」というものも少数の人間の利益のために恣意的に作られた理不尽なものばかりだった。

法律でさえ、そういうものだと思っている。

そういう世界で生きていくために、私は子供の頃していたような地道で堅実な考え方を捨て、完全性は後回しにして、仮説をふんだんに用いた大胆で雑な思考をするようになった。

当然、頓挫したりとんでもない方向へ進んでしまったりすることはあるが、そうなったら元へ戻って新たな仮説を採用してまた急いで考えを進めればよい。

それを繰り返していくうちに全体が見え始め、確実性も増していき、目的地に到達できる。


一方、レンガ積み思考においては、誤ることは少ないのだが、誤ってしまったと…

健康診断結果

<2017年2月→11月>
身長 174.6 → 174.5cm
体重 73.2kg → 72.1kg 〇
腹囲 84.5cm → 88.1cm ×

血圧 104/74 → 116/80

AST 25 → 27
ALT 21 → 19 〇
γ-GTP 108※ → 89 〇

中性脂肪 64 → 112×
HDLコレステロール 55 → 59
LDLコレステロール 150※ → 131〇

血糖 98 → 88mg/dl
HbAlc 4.9 → 4.9%

尿酸 7.2※ → 6.2mg/dl〇



要再検査項目がなくなった。
特に何かしたわけではないが、おそらく寄与しているのは自転車通勤だろう。
時間にして10分程度だがけっこうきつい坂があって、
そこを降りずに登り切れる人はなかなかいないが、
もうすぐ50歳なのにまだまだ登れる。

酒はやめていないが肝機能はγ-GTPがちょっと高いが
ようやく要再検査の値を下回った。

あと、尿酸値がさがったのがうれしい。

体重が約1kg減っているのに腹囲が4センチくらい増えているのは
よくないな。中性脂肪もすごく増えた。



自転車のタイヤ交換

10年以上前に買った自転車。
先日チェーンが切れて自分で交換した。
その時にタイヤも交換しなければならないとは思っていたが、
車輪を外すのがめんどくさそうだったのでやれずにいた。


ある日、自転車に乗っているとき後輪に違和感を感じた。
車輪が一回転するごとに異物を踏んでいるような違和感。
さらっと見てみたが特に異常はなさそう。
空気が足りないのかなと空気を入れてみるが変わらず。


やがて、違和感が強くなってきた。
そして金曜日の朝、降りた後に後輪をよく見ると、タイヤが裂けてチューブがむき出しになっている部分がある。
その日はたまたま仕事が早く終わったので帰り際にタイヤを一組買って帰った。
そして土曜日の朝交換作業をした。


「後輪がめんどくさい」とはウェブにもよく書いてあるしタイヤを買ったときに店員さんも言っていた。
写真を撮りながら外していく。
後輪にはディスクブレーキがある。ここをいったん外さなければならない。
といっても車輪から外すのではなく、フレームに固定してある部分を外す。
ブレーキ自体はタイヤについたままだ。
だがブレーキワイヤを外すので後で再調整しなければならない。
車輪を外すので当然チェーンもはずす。
車輪の両脇を止めているナットを外す。
車輪がフレームにはまる部分は、U字の溝になっていて、そこに車輪をはめ、
U字の開いた部分にフタをするような金具がついている。

後輪を外すのはそれほど大変ではなかった。
それよりもタイヤをはめる方が大変だった。
タイヤはゴムではあるがけっこう硬くてそんなに簡単に伸び縮みはしない。
面倒なので工具を使ってグイグイ押し込んだ。
やっとはまった、と車輪をもとに戻し空気を入れてさあ試乗だと思ったら、後輪のチューブがはみ出している部分がある。
ヤバいヤバい、と、直すためにいったん空気を抜こうとしたら、
パーン!
チューブが破裂した。
驚いて飛び跳ね、しばし呆然とする。

チューブを買わないと。
疲れたので少し休んでチューブを買う。
リムテープも切れてビニールテープで補修していたのだがついでに買う。
というかリムテープはタダだった。

今度は慎重にタイヤとチューブをはめる。
ウェブにあったはめ方の動画を見ておいた。
工具は使ってはいけないそうだ。

無事交換が終了。

なかなかの達成感。


故障と修理

最近身の回りのものが次々に壊れる。

1.自転車のチェーンが切れた。

2.自転車のタイヤがバーストした(パンクではなく外側が擦り切れた)。

3.電気スタンドがつかない。蛍光灯を替えても。

4.スーツのスラックスのポケットに穴があいて鍵を入れると太ももにあたって冷たい。

5.仕事で履いている靴がほころびて雨の日は足がぬれる。

6.メガネのフレームが折れた。

7.霧吹きが吹かない。

8.プリンタの黄色が出ない。



1、2、4、7は自分で直した。




淋病その5 やっと治った

ようやく淋菌が陰性の検査結果をもらった。

3か月もかかった。

結局淋菌を殺したのは自由診療で2万払って点滴したセフトリアキソンだと確信している。

泌尿器科の先生は何で治ったと思うのだろうか。

カルテをみながら少し不思議そうな顔をしていた。


禁酒は一週間で絶えた。

だが、今回の淋病騒動で自分の生活のすさみっぷりを改めて感じ、

つましい生活を送るようにしている。

一日千円も使わない日々が続いている。