2001/7/1

すでに7/1。2001年も半分終わった。
仕事をしたのはいいが、あぶく銭。
こんなことなら、何もしない方がよかった・・・。

俺は絶望している。
20才前から・・・。
絶望したから、生きているのである。
自殺者は、死ねば苦痛から解放されると思って
希望をもって死ぬのである。

死んでもムダだ、と達観しているのではない。
自殺すると成仏しないとか、地獄にいくとか、
そんな理由でもない。

俺は、知りすぎてしまった。
人が見てはいけないものを見てしまった。
人が、虫ケラみたいなものから偶然に、わき出るように
発生したものであるなら。

でも実はそうじゃないから、知ってもいいんだが。
ただ、みんなが知らないフリをしている、イヤ、
知ろうとしていないだけだ。

      *

それは何か? スーパーエゴ である。

ひとことでいえば、スーパーエゴ。これは「すっげえワガママ」
という意味だ。しょせん、人は自己中心にしか考えられない。
情けは人の為ならずの真意は何か、なんて考えるのは
まちがってます。コトバの乱れなんて、ないんです。
朝日のモンダイにしてることなんか、全部損得です。

スーパーエゴとは・・・。
「私は神である」ということである。
イエスが言っているから、まちがいないでしょう。
おしゃかさまも、似たようなこといってます。
「天上天下唯我独尊」と。

自分が全てだから、肉体も時間も空間も、自分なしには
無意味だから、死んでも解決しない。

俺も、死にたいとよく思う。死ななきゃならん、と思う。
まず、うまくいくというのは、社会での成功、つまり金もうけである。
これが「うまくいく」というコトバのいみだ。

俺は、人間の大部分はロクでなしであり、
社会はその大部分の為に、つまりロクでなしの為に作られている。
そして、オレは世にもめずらしい優秀な、ひょっとしたら
天からおちてきたと思われる存在である。
だから、ロクでなしのための社会にはテキオウできない。
そのためうまくいかない。

これが本当なら、そのままだ。
俺の考えがまちがっているかもしれない。

まず、金もうけがうまくいくことじゃないということ。
でも、もしそうなら楽なんだが、多分ちがう。

次にオレがゆう秀であること。
もしかしたらオレこそろくでなし、大部分の一人かも。
でもね、それも、多分、ちがう。



外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...