2001/10/8

動機も目的もはっきりしない。
だからシリメツレツで、つまらないかもしれない。
わからないかも。

俺はいつも何かを読んでいて、
そのくせ、それをつまらないと思っている。
つまらない、というよりは、ケチをつけている。

たとえば「説明的である」
または「誰かのマネだ」
或いは「絵空事だ」
という感じだ。

俺は、しまいに、「意味のある事はイヤだ」とさえ
思うようになった。

それは言葉に限らず、絵、音楽、映画、ドラマ、
ニュースやスポーツ中継さえも。

スポーツ中継に「し意」がないというのはマチガイだ。
野球では、2死2、3るいで誰もいないファーストを映すとか、
足の速いランナーがでたとき3るい側からピッチャーを映すとか、
そういうものだ。

ドラマでも、その人物が何者であるかを説明して始まるような
ものはダメだ。

障害者を扱ったものはダメだ。
それが事実でなければ感動しないのはダメだ。

俺はもはや、自分が幸福になる事を望まなくなっている。

それは宗教家として無私の境地に立ったというのとは
違う。

俺は、そういいながら、意味のドレイになっている。

論理のどれいとなっている。

カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。 最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。 さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。 体調がよく空腹のときに何回か食べ...