スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2001の投稿を表示しています

存在

私はどこから来たか。火星か、金星か、M78星雲か、アンドロメダ星雲か。天国か、地獄か。お袋の子宮の中からか。親父の精巣の中からか。地から湧いてきたのか。空から降ってきたのか。降って、湧いたのか。

私がいる前と、いる今と、いなくなった後では、何が違うのか。私がこの世から去ったら、どこへ行くのか?私は、消失しないのか?この世に生まれる前にはどこにいたのか?無だったのか?存在しなかったのか?私はいつ存在し始めたのか?私は存在しているのか?なぜ存在していることがわかるのか?私が存在していることがわかるには、存在している私とそれを認識する私が必要である。それが同一であることが、ありえるだろうか?

私が存在しているのを確かめる一番手っ取り早い方法は、手を見ることだ。それから足とか、腹・胸と見る。見る?見るのは目である。今、あなたは、自分というものを、頭の中にいると考えなかったか?私は考えた。私は、頭の中にいる。腹の中にはいない。それだけは間違いない。ひざの皿の裏にもいない。右左あるものの片側にあるなんてことは考えにくい。頭の中、脳みその中なんかにいたら、一番しっくりくる。でも、本当だろうか。本当は、そんなこと信じていない。


私は強度の近視で、めがねがないとすべてがぼんやりしてしまう。まあ、生きていけないことはないけど、字が読めないから、どこかへ行ったり何か買ったりするのに苦労する。近視の人は非常に多い。めがねをかけていない人のほうが少ないんじゃないか?だから、別に気に病むことではないし、コンプレックスを抱くことでもない。近視であることを悩んでいる人なんかいないだろう。不便で金がかかるくらいがせいぜいだ。しかし、たまに、私は近視であることが非常に恥ずかしいことだと思うことがある。恥ずかしいと言うか、ダサいというか、カッコ悪いというか。

たとえば、今日走ってきたが、その間めがねをはずしていた。そして帰ってきて、めがねをかけた。30分ぶりくらいだ。すると、毎日かけているめがねなのに、きつく感じた。見えすぎている。子供の時は、見えていた。2.0だった。中学2年くらいから、悪くなって、確かサラエボオリンピックの頃には、TVのタイムが見えなくなっていて、指で小さい穴を作って、そこから除いていた。学校の授業で黒板を見るときなどもそうしていた。目を細めるよりも、効果があるのだ。

なんで目が…