サブフォーを狙う

2004/10/11(Mon) 21:12

最近はWEBのマラソン体験記を読み漁っている。
3時間前後で走る人は練習を日課とし、体重・体脂肪率はもちろん、脈やピッチまで測っている。

3時間半から4時間を切るくらいなら、そんなに本格的に練習はしていない人でも可能なようだ。初挑戦してみました、という感じの人もいる。私はそのタイムを必死になって目指している。

しかし、私のハーフの記録からすると、3時間半を目標としてもおかしくないくらいのタイムである。実際、初挑戦の荒川の時は、6分ペースでも遅いくらいだと考えてどんどんあげていったくらいだった。
結果、大失速してしまったが。

もう一度見てみたが、やはりハーフ1:40で走っているならサブフォーを狙ってよい、狙わねばならない!
膝痛さえなくせば、絶対にいける!


2004/10/16(Sat) 20:47

その膝痛が・・・
こりゃやばいわ

30km走を試みる

人生はマラソンにたとえられない。
そもそも、いったい人生の何とマラソンを比較しているのだろう?
単に肉体的なことだろうか?そんなことならそれはマラソンではなく、物質として、せいぜい有機物・生物として、時間と空間、重力等に制限されているという、マラソンなどにたとえるまでもないことである。

「頑張る」ということだろうか?頑張りすぎると途中でバテる、かといってゆっくり過ぎては遅れる・・・。
はたまた、経済的なことだろうか?経済とは決定的な違いがある。それはマラソンの貯金には利息がつかない、ということだ。人生において貯金はあればあるほど特をする。利息がつく。その利息は楽になる一方で、貯金することで重荷になることはない。
しかしマラソンでは貯金とはオーバーペースでしかない。それは後半の失速の予兆、あるいはレース展開の見込み違いを示すにすぎない。

ペースの貯金をしたから後半ゆっくり走れる、とは心理的には真かもしれないが、ペースを落とすことはあげることと同じくらいに負荷となり、泥沼に陥いる危険をはらんでいる。

マラソンと人生の決定的な違いは、練習の有無である。言うまでもなく人生に練習はない。逆にマラソンは練習がすべてである。いかに練習をして鍛えて、コンディションを整えてスタートラインに立つか、ということにかかっている。スタートラインに立った時点でほとんど結果は決まっている。レース当日には練習の成果が出るのみで、そこでの頑張りはオマケでしかない。



30Km走った・・・・いや、走れなかった。
3年前の荒川マラソン前に、一度30Km走にトライして挫折した経験がある。途中で完全なガス欠状態になり、25Km地点あたりで歩きはじめ、なんと途中で歩くこともできなくなり、道端に座り込んでしまったのだ。後にも先にもない経験だった。もっとも、このときは朝食抜き・給水も無しだったから無理もなかった。20Kmまではそれでも走れていたが、30Kmになるとワケが違う。

30Kmでそんな体たらくだったから、本番に臨むのには不安があった。しかし、ハーフのタイムなどから、4時間は切れるのではないかという甘い期待を抱いて、6分/Kmペースで走った。折り返し地点までは非常に好調であった。これはいける!・・・・・・

ところが後半にはいってガクッと疲れが出始める。まだ半分なのか・・・というネガティブな思考が沸いてくる。30km走での失敗の記憶も不安を増す。そして膝が死んでくる。練習中にあったズキンというような痛みではなく、膝全体が疲労している感覚だ。25Kmあたりでこらアカンという感じになる。完走どころか30Km地点までもたどりつけるかどうかわからない。

結局30Kmまでは6分/Kmのペースだった。
実際は20Kmくらいまではもう少し早く、それ以降ペースが落ちているが。今思うとそこまではよくやったと思う。

そして今日はコーヒー牛乳、食パン2枚、バナナ、エビオス錠という朝食をとって、スタートした。ちょうど朝六時だった。9時までに帰ってくるつもりで。最初の1kmは5:40秒くらいだったか?そのペースで5Kmくらいまで行く。快調快調。いい気分。10kmもOK。さあ、久しぶりにその先へ踏み入れる。6号線を走る。さすがに空気が悪い。ちょっと止まってストレッチをする。給水のために150円を持ってきていた。途中の自販機で何かを飲むつもりだった。14Kmあたりでマンションの前にあるコカコーラの販売機を見つける。ちょうどいい。アクエリアスの500を買った。しかしこれが失敗の一因となる。500mlのペットボトルは約500グラム。これが結構重い。そして片手で持つしかないがそうするとフォームが揺れる。何度か飲んでボトルを見るとほんの少ししか減っていない。多すぎる。そうなるとこのボトルは重荷でしかない。しかし、15Kmで折り返して17Kmあたりまではまだ調子がよくて、3時間でゴールできるペースだった。ところが、まず突然右ひざ痛が来た。くだり坂の途中だった。この前のようなことにならないように、すぐに止まった。

屈伸伸脚をしてそーっと走り出すが、一度止まってしまうと緊張の糸が切れたようになってしまう。今までの快調がウソのように疲労が出てくる。これじゃ前回と変わらない・・・しかも今回は食事もして給水もしたのに・・・激しい落胆。走ることがつまらなく、虚しく思えてくる。料金所まで行って、時計を止めて休憩する。あと5Kmしかないが、果てしなく遠く思える。走り出したが足は死にかけている。100mのペースを測ってみると45秒くらい。7分ペースも超えていて、それを維持するのも困難な状況だ。今すぐに止まりたい。

料金所から2Km地点で止まる。足を伸ばす。もう全然回復しないが、前回座り込んだ場所は意地でも超えてやろうと足を引きずるように走る。もう8分ペースになっている。地蔵の前をすぎて50mくらい、大きな石が置いてあるところでまた止まる。もう走れない・・・。止まらない方がいいかもしれない・・・。休めば休むほど走り出すのが苦痛になっていきそうだったのですぐに走り出す。

なんとか走り終える。最後の1Kmは少し歩いたが。
足は死んだが心肺機能はもったと感じた。
だがチョコレートのような血尿が出たということは、足だけの問題ではなかったようだ。
12時に寝たから少し睡眠時間が足りなかったかもしれない。
最近少食にしていたせいもあったかもしれない。10キロ20キロ走る分にはいいが、30Kmとなるとあるていど蓄えがないときつい。

膝に来た

ついに膝に来た。いつか来るとは思っていたが。まあ、3ヶ月もあれば、1・2度はケガがあるものだとは覚悟していた。
経験上、ケガで練習が出来ない事のもったいなさを痛感しているので、今回は痛みを感じてすぐ練習をとめた。実際は走っている途中に来たのだが、20Km送の折り返し直後だったのでどうしてもやめたくなくて、少し屈伸等をし、ペースを落として回復したので最後まで走ってしまったら、階段を下りるときに痛む。しかし、それ以外はまったくと言っていいほど痛まない。チョウケイジンタイ炎というほど悪化はしていないはず。

ただ、今回わかったのは、自分はO脚であるということ。WEBにあったO脚に悩んでいるあるランナーの足の写真をみたら、自分とそっくりだった。膝がよく痛むのはフォームの悪さ、準備運動不足、体の堅さ、シューズの問題などだと思っていて、O脚であることが原因であるとは考えていなかった。

それを意識してストレッチをしたら、痛みが急に消えた。
外反母趾もある。ふくらはぎがよくつる。コキコキなる。特に右足首。
直したいな・・・。これらを直して、体重が60を切るくらいになったら、かなり楽にサブスリーを達成できそうな気がする。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...