つくばマラソン、まぁ満足

4時間は切れなかったがまぁ満足のできる結果であった。
前回のように歩いてしまうようなことはなかった。
給水の時に数歩歩く程度で。
25Kmくらいまではサブフォーを確信していたが、30Kmを過ぎて多少のアップダウンがある場所を過ぎてからペースが落ち、35Kmを超えたところで7分/Km近くまで落ちたと思う。そのころはもう時計を見てペースを確認することもできなくなっていた。
あと3Kmというところで、見覚えのあるいいケツの女が俺を抜いていったのに奮起し、コップの水を両足腿と頭にかけて走り出した。そこからは6分をきるペースに戻せたはずだ。

日本のITが世界に通用しない理由が社会的文化的なものだというならどうするべきか

ある有名なIT系のベテランエンジニアの書いた「日本のITはなぜダメか」という短い話を読んだ。 ダメな理由は、理系の大学を出てエンジニアになっても自分はコードを書かず大学すらでていない下請けに書かせ下請けは言われたことをやるだけだから、というようなことであった。 カ...