正露丸をやめる

2007/06/15(Fri) 04:48

夕べあったことなのだが、目覚めると、胸が痛い。そして下あごの奥のほうが痛い。胸のちょっと上からあごにかけて、痛い。寝ていられなくて、上体を起こす。ヘンな姿勢で寝たからかな、と思い、また寝るが、やっぱりまだ痛い。ちなみにその時うつぶせになっていた。うつぶせだからかな、と思って仰向けに寝なおす。直感的に、心臓ではないかと思った。夕べは少し酒を多めに飲んで、やけに鼓動が激しいなと感じた。こめかみのあたりがドックンドックンといっているのが聞こえるような感じ。そのまま寝てしまった。それから、ときどき心臓がドドドッっという風に、何かつっかえてたものが取れるような、動悸を打つ事がある。これは不整脈というものではないか?最近はちょっと心臓に負担をかけているかな、という気はする。最近やっていないがランニングも無理をすると心臓に負担だったのかな、と思える。結構追い込んでいたから。その疲れが来たか。

2007/06/20(Wed) 21:20

日曜日外出中に激しい下痢をした。下痢をするのはよくあることで特に酒を飲みすぎるとすぐなるので別にいつもの事だとほっておいたがなかなか治らず食欲もなくて何もできないので薬局によって正露丸を探した。以前小さいビンのものがあったのだがそれはなく、おしゃれなケースに入った携帯用というものがあったが700円くらいで高いのでやめて隣にあった小さめのビンの300何十円のものをレジに持っていった。店員がバーコードをピッとやったときに気づいたのだが、マークが違う。ラッパのマークではない。マーク以外は箱の色も大きさも正露丸の字体から色まで同じなのだが、マークが違う。店員にこれ正露丸ですよね?と聞くとメーカーは違うけど中身はほとんど同じですよ、という。俺が迷っているとどうするかはお客さんが決めてくださいとちょっといらつきぎみに言われた。俺はラッパのマークの正露丸に取り替えてもらった。値段は倍くらいなのだがインチキくさくて怖かったからだ。すぐに3粒飲んで、食事をしてまた3粒飲んだ。どうやら治ったようだ。私はよく下痢をするがいつも正露丸を飲む。たいてい1回で治ってしまう。私が愛用している3つのクスリは、パブロン、キンカン、正露丸である。この3つさえあれば何とかなる。あんな類似商品が堂々と薬局で売られているのはどういうことかと思ってネットで調べてみたら、正露丸は昔から使われている一般的なクスリで商標登録できるようなものではないとの判決が出ているそうである。それはよいとして。正露丸の危険性を警告する情報もみつけてしまった。正露丸は腸の神経をマヒさせてごまかしているだけで、下痢止め効果がないどころか腸を傷つける恐ろしい劇薬であるというのだ。だいたい虫歯につめても効くというのが不思議だったのだがそういうことだったのか。わたしはもう正露丸を飲むのをやめることにした。下痢は腸から細菌などを吐き出す生理現象だから止めてはいけないそうだ。これからは思い切りゲリをぶちまけることにした。

2007/06/25(Mon) 21:10

日曜日、めずらしくバッティングに行かなかった。そうしたらいつもの背中のだるさがなくなった。
もしかしたら、バッティングのせいだったのかもしれない。酒を飲んで、かなり無茶をしていたから。10打席、300球近く打ったことになる。だるくなるのも無理はなかろう。最近はサウナでひとっ風呂あびて休憩することを覚えた。1時間なら1000円ですむ。

カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。 最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。 さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。 体調がよく空腹のときに何回か食べ...