魔人

今朝魔人に遭遇した。駅の椅子にかばんを置いてその横に立って電車を待っていたら、魔人が私の目の前を、例によってすれすれに通っていった。モアイ像の様な額と頬骨の出たいかつい顔、短く刈って立てた少し白髪交じりの髪の毛、最近かけるようになったサングラス。彼は私と同じ車両に乗った。いつものように両足を通路の真ん中あたりまで投げ出して身じろぎもせずにすわっている。駅につくと魔人のとなりの人が立ち上がって投げ出した足を邪魔だなという目で見ながら降りていく。

本当は後ろから観察したかったが彼がなかなか降りないのでやむをえず先に降りた。エスカレーターの右端を歩いて昇り改札を出て少し歩くと、また魔人がスレスレに、今度は私の左脇を追い越していった。あまりに近かったので私は追い越していく彼の右の横顔とサングラスの間にある右目をずっとにらみ続けたが、いつものように彼は視線を向ける事すらせずにそのまま歩いていった。

彼はいつも駅を出ると階段の下の喫煙所でタバコをすうのだが今朝はそのまま歩き出したので後をつけた。線路の脇の道の線路から遠い左側を、傘をさして路側帯の外側に沿ってまっすぐに歩いていく。初めて魔人に遭遇したのも雨の日だった。歩くのは速い。少し油断しているとすぐに離される。

前方に50歳くらいの夫婦と思われる二人が並んでゆっくり歩いてきた。女は内側を歩いている。男は路側帯の外側、そのまま歩いていればちょうど魔人とぶつかるあたりを歩いてくる。私は右側に寄ってすれ違う様子を観察した。彼はやはり全くよける素振りを見せず、線路の上を歩いているか、あるいは目が見えないかのように、そのまままっすぐ歩き続けた。夫婦の女の方は右側に、男が左側によけ、魔人は路側帯にそって悠然と夫婦の間を割って歩いていった。

しばらく歩くと、魔人は傘を閉じた。私は雨がやんだことに気づいていなかった。水溜りをみると雨の落ちている様子はないが、またいつ降りだすかもわからないのでそのまま傘をさしていた。彼はやはり目は見えるのだ。いや、もしかしたら傘に落ちる雨音がしなくなったことでやんだと判断したのかもしれない。

左に曲がり、今度は魔人も皆がするように右側を歩き始める。またこの道はせまくて車の通りも多少あるので、路側帯の内側を歩かねばならない。彼の前方に男が一人、その少し前に女が一人歩いている。男は路側帯の内側を歩いているが女は路側帯のちょうど上あたりを歩いている。危ない。魔人はみるみるうちに彼らに追いついた。さすがに後ろからなので魔人も男をよけて左側にずれた。女の真後ろあたりに位置している。そして女を追い抜く時には、右側にずれて、女が右肩に背負っているバッグに触れて追い抜いていった。女は魔人を振り返った。魔人はやはりまっすぐ前方に顔を向けたまま加速するように歩いていく。確実に目は見えている。最初に出会ったときも駅で携帯電話を開いてメールかなにかを確認している姿を見ているから目が見えないということはないのだが、やはり視覚に何らかの障害があるのではと思える。サングラスをしているのもそのせいではないか。次の角を右に回ると魔人は私をかなり引き離していた。彼が建物のどこにいるのかまで確認することはできなかった。

外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...