自民は負ける

2007/07/06(Fri) 21:07

7/21だっけ、選挙があるが、自民は相当苦戦すると思う。なぜなら多くの人が今まさに増税感を痛感しているからである。特に私は、去年収入がありがたいことに大幅に増えたので、所得税と地方税はただでさえ増加したのに加え、今回の税制変更で地方税が増えた。さらに、私は所得税の天引きがないが今年から予定納税をする事になって、1年分の所得税の1/4くらいを7月中に納税しなければならない。今年の所得税と地方税は去年のほぼ倍になる見込み。7/2までに納税しなければならなかった地方税の1期分と、所得税の予定納税の第一回分をあわせると、今月の給料の4割にもなってしまう。「これではせっかくの夏休みに旅行に行く事もできない!自民のバカ野郎!安倍のバカ野郎!大臣が自殺したり失言したり、もう自民には投票しない!」という人が増えるのではないだろうか。ちなみにわたしは少々不満ではあるが、反自民感情はまったくない。といってもここ5年くらい投票したことはないのだが。

2007/07/06(Fri) 21:08

非戦闘員に対する攻撃を非難するが、私は戦争で市民を攻撃してはいけない理由がよくわからない。スポーツじゃあるまいし戦争にルールなんかあるのかと思う。しかし日本は戦争末期に特攻隊のようなクレイジーな事をしているのである。実際国民総動員で戦争に望んでいたのではなかったか。アメリカだってこれは普通の攻撃では降伏しないだろう、と核兵器を使ったことは十分理解できる。

2007/07/24(Tue) 19:18

あれかこれかというキェルケゴールの著作がある。図書館で借りて少し読んだような記憶があるが、内容は覚えていない。この著作について知ったのは高校2年生のときの倫理の授業である。デカルト、ベーコンから始まってカント、ヘーゲル、ニーチェ、などに混じってキェルケゴールも紹介されていた。私はこの授業を非常に興奮して聴いた記憶がある。私は社会科があまり好きではなかったのだが、このときだけは興味を持った。あれかこれか、というのがどういう意味なのか、これはあまり理解されていないと思う。Oに、失くした1/2(alternative)という曲があるが、そういう意味だと思う。何かを捨てねばならない、という意味だ。あれかこれかには、単なる理屈ではなく、倫理的な意味が含まれている。そもそも哲学者とは、倫理について語る人たちであって、理屈だけをこねくり回す人ではなかった。

あれかこれか、というのがどういうことかを説明するためにその逆の例をあげる。
「運動も食事制限もせずに飲むだけでやせるダイエットをする」
「グリーン車に乗りたいが高い料金は払いたくない」
「Windowsに金は払いたくないのでP2Pで違法コピーする」
・・・何かを得るために何かを我慢する、捨てるという事。他人のために自分を犠牲にすること。

2007/07/29(Sun) 14:45

電車でお年寄りに席を譲る事は、はずかしいことである。だいたい電車に乗っていて座っている時点で負けである。よっぽど空いてなければ私は立っている。譲るときも、譲ってあげますよと親切を押し売りするのではなく、たまたま降りたんですよと思わせるくらい、若いのに座ってすみませんと申しわけなく思うくらいでなければならない。

久しぶりに選挙に行ってきた。誰が立候補しているかもろくにしらなかったが支持政党の候補者を選んで投票した。なんかもう、比例代表だけでいいんじゃないかという気がしてくる。候補者一人一人にたいして投票する意識なんかみんな持ってないだろう、もう。私が今回自民党が負けると思うのは、連日報道されている不祥事ではなく、増税があったからである。税源委譲というけれど、ほとんどの人は増税になっているし、所得税のないあるいは少ない人にとっては痛烈である。所得税がないという人たちは、選挙にもよくいくのではないだろうか。仕事をしているなら政治なんかに興味は持たないかもしれないが、年金で生活しているような人はまさに政治家に命を預けているようなものだからだ。だから自民党は負ける。勝つには、普段選挙に行かない、バリバリ働いている人、血気盛んな苦労知らずの若者、こういう人たちが投票するしかない、しかし無理だろう。まあ参議院なら負けてもいいのかな。なんか、自民にやる気が見られない。


2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...