なぜ太るか

2007/07/02(Mon) 19:24

カゼなのかこれは。ひどい下痢。泥水のようなウンコが大量に出た。ゆうべはガキを見て期待していたのにつまらなかったのでふて寝のように寝てしまった。しかし昼寝をしたせいもあってかなかなか寝付けず、仕事にからむループするいやな夢を見た。4時くらいまで、うつらうつらしていた。起きたらハラがキユーンと痛んで、ゴロゴロ鳴っている。トイレにいったら人生最大の下痢だ。ドボドボとウンコが、液状のウンコが出た。朝飯は食えない。ヨーグルトとりんごのみ。出勤はしたもののもうろうとしている。熱っぽい。カゼだろうか。いままでなら間違いなく正露丸を飲んでいたような下痢である。あー、これで正露丸が飲める、と思うくらいの下痢である。しかし宣言したように私はもう正露丸を飲まない。下痢になったら下痢のまま、ほっておく。

2007/07/03(Tue) 03:10

眠れない。まあ、酒飲んで9時ごろから12時くらいまで寝てしまったのであるが。酒を飲むと睡眠の質が低下する。そしてさらに酒を飲んで眠ろうとする悪循環。やがて不眠になる。今までにも何度か経験したこと。ただ最近はいわゆる伽場蔵のようなところで痛飲することはなくなったので、仕事に穴を開けるようなことはない。

2007/07/03(Tue) 23:06

今日家に帰ってきたらなんか変なにおいがする。晩御飯かと思ったが、部屋に入って扇風機の上にかけておいた部屋着がなんか焦げ臭いようなにおいがする。なんだこれはと扇風機をよく見ると、とまっているがスイッチが入ったままだ。近くにあったビニールのゴミ袋が羽に絡まって止まっていたのだ。そのままずっと電源が入ったまま放ってあったわけだ。たぶん夕べのうちに絡まっていた。おそろしい。あやうく火事になるところだった。ちなみに扇風機は今も無事に動いている。

2007/07/03(Tue) 23:56

正露丸を我慢したおかげで、おもいきり硬いウンコが出ました。ずばり高度8ですね。

2007/07/04(Wed) 22:13

昨日は日曜日なのに珍しく家にいた。部屋をかたしたりしていたが、だるい。だいたいどうして毎週末外に出るかというと、家にいるとだるいからである。退屈とかやることがないとかつまらないではなく、家にいると体がだるくてつらいのである。それで外へ出る。外へ出ればいろんな刺激があって、多少だるかったり眠かったりしていても楽しくすごせる。家にいるとただだるいだけで、昼寝をしてもヘンな夢を見るばかりで休まらない。そしてやっぱり、昼寝をしたらヘンな夢を見て休まらなかった。電話が鳴って起きたのだが、なんだこりゃ、と声に出したほどだるい。なんか体によさそうなものを、と冷蔵庫から牛乳を出して湯飲みで2杯飲んだ。今から思えばこれがよくなかったか。その後近所に買い物に行って、5時半からずっとテレビを見ていた。途中食事をはさんでずっと見ていた。焼酎も飲んでいた。テレビはあまりおもしろくなかったが、12時近くなったので寝た。風呂に入りたかったのだがだるくてどうしても動けなかった。しかし昼寝をしたせいか寝つきがよくない。仕事に関係したループするおかしな夢を見る。たまにうつらうつらするが結局4時くらいまでちゃんと眠れなかった。いつものように8時15分前に起きると、腹が猛烈に痛い。そしてゴロゴロと鳴っている。これはまずいとトイレに行くと、ものすごい下痢だった。いままで経験した事のない量だ。泥水のようなものが出た。朝食はヨーグルトとリンゴだけを食べた。会社に来てもだるく、熱っぽい。カゼをひいたような感じだ。

酒を飲むと太るのはなぜかという事がよく議論される。科学的にもはっきりしていないらしい。ただしわかっているのは、酒のカロリーはエンプティカロリーといって、すぐに消費されてしまい脂肪としてはたまりにくいということ。これを根拠に、酒を売ってる会社は「アルコールそのものでは太りません」などとホームページに書いている。太るのは酒によって食欲が増して脂っこいおつまみを食べるからだ、などという説がもっともらしいが、わたしの経験からすると、太るのは酒によって代謝能力が損なわれる、ということだと思う。

今思ったのだが、食事を抑えても同様なことが起こるのではないか。食べないと筋肉も脂肪も落ちるので一時的に体重は減るが、代謝能力が損なわれてしまい、そのうち太りだす。筋肉量が増えると代謝が増えて脂肪が燃える、だからやせる、というのも一理あるが、私は代謝量よりも、代謝能力、代謝の質の方が重要だと考える。酒や断食はこの代謝の質を低下させるのである。酒を飲まずによく運動していた若い頃は、胃袋は熱したフライパンで食べ物はバターのようなものだった。あっというまに溶けてしまう。しかし今はフライパンは生ぬるく、バターはなかなかとけない。このフライパンの熱さは消化の力というよりは代謝の能力であろう。

酒と肥満に話を戻す。結論からいうと「酒を飲むと太る」。この因果関係自体は間違っていない。「アルコールそのものでは太らない」というのは空論である。酒を飲むと、おつまみを食べなくても、太る。これはそのうち医学的に証明される日がくると確信している。

私はある時期食事の量を減らしていたことがあった。朝は食べずによるも茶碗一杯。食欲はあったのだが食べていなかったのだ。その生活がしばらくつづいて、多分体重減ってるだろうなと思ってはかったら逆に増えていた。68キロくらい。一方、昼食に食堂でカツカレーとか食べていた頃は、62キロくらいだった。このときは週末に走りこんでいたのである。走っていたときは食欲があったがやせていた。

因果関係だけでいうと「食べるとやせる」これもまた真である。重要なことは、人間の代謝能力は変化するという事であり、代謝能力がおちれば食べなくても太るのだ。繰り返すが代謝量ではない。代謝能力が低い人でもたくさん筋肉をつけたら代謝量はあがるかもしれないが、きっと体を壊すと思う。筋トレもダイエットもせず、よく食べて酒はのまないで、早寝早起き。そうしてれば絶対太らないで健康になると思う。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...