スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2007の投稿を表示しています

ダイエット論

2007/08/23(Thu) 19:39

bbcというダイエット商品が大ヒットしている。周りにもやっている人がいたしTVなどでも話題なので知ってはいたが、確か100万セットだか売れて新聞記事になっていた。その記事に、ダイエット商品は楽してやせられるというものが売れるという常識を覆したという事が書いてあった。かなりハードで挫折する人も多いと聞く。私はダイエットが嫌いである。そしてこのBBCも、今までの楽してやせるというダイエット商品となんら変わらないのである。この商品はbillyという人がインストラクターとしていろんな運動をおこなうのであるが、その時に過激な叱咤をするらしい。これがヒットした一番の理由である。これによってダイエットのモチベーションを維持できるのである。激しい運動と罵倒に近いトレーナーの激励。これによっていかにもダイエットしている、これならやせる、と思えるのである。ここに問題がある。この苦行的なダイエットというのは、麻薬なのである。ダイエットに限らず、仕事でもなんでも、苦労してるから成果があるはずだと思い込むこと、もしくは苦労した事自体が成果であるかのように錯覚してしまう。そもそも私はダイエット自体が非常に危険であると考えている。肥満というのは生活の乱れの蓄積である。それを短期間の食事制限や過激な運動で無理に体重を落とすと、一時的に体重は減っても、さらに太りやすい体質になってしまう。いわゆるリバウンドというのは、ダイエットの反動ではなく、ダイエットそのものが原因なのである。ダイエットしたから太るのである。ダイエットは始めたら死ぬまで続けないと、やめた時に必ずダイエット前よりも太る。ダイエットが危険なのは体重を基準にするからである。体重を速く減らすには脂肪よりも筋肉を落とす事だ。体重ばかり気にしていると筋肉を減らす方向に走りがちになる。食事を減らすのがその典型である。これは私の経験に基づいている。かくいう私もダイエットのマネゴトをしたことがあるが、その後に必ず太った。食事を抜くと体重は一時的に減るが、そのときに筋肉が落ち、さらに脂肪を貯めやすい体になってしまうのだ。過激なダイエット、無理なダイエットが悪いのではない。ダイエットそのものが悪い。ダイエットすると太る。ダイエットするから太る。
2007/08/23(Thu) 19:41
私は缶コーヒーをよく飲む。…

偽装請負

最近はある仕事をするのに複数社で仕事をするのが当たり前になっている。パートナーとか協力会社とかアウトソースとかいろいろ言い方がある。わかりやすく言えば下請け孫請けのような形態である。その頂点に近づく程、マネジメントと称して何もやらなくなる。以前は頂点の企業が指示をして下請けが動いていたのだが、最近は指示さえしなくなってきている。これは、業務委託をしている企業の社員に直接命令をすることは許されないためである。直接命令するとそれは雇用している事になるのだ。言うまでもなく外部に委託するのは安く上げるためである。雇用してしまうと社会保険をはじめとして諸経費がかかるからだ。また、景気による業務の閑忙による人員調整にも便利だ。それが度を越して、最近は実質自社の社員のように働かせているのに人件費を安く上げるだけのために外部の社員を使う事が増え、それは偽装請負といわれているのだが、問題になっているのである。たしかにそれも問題ではあるのだが、私が感じている事はもっと別の問題である。

偽装請負は、いや、偽装でなくても多重な請負による委託は、サービスの品質を下げる。これはもう、痛いほど感じていることである。多重な請負とは、ある荷物を何度も何度も梱包していくようなものである。無駄が多く、ミスの可能性も増える。多重に請け負っていくと、

中間マージンをとるだけの存在が問題視されているが、カネの問題だけでなく、中間に何も知らない人をはさむと、情報がゆがんで伝わる。伝えるまでに時間がかかる。IPパケットのカプセリングのように機械的にはいかない。人間のやることは気まぐれである。ミスや誤解を無くすことは不可能だ。それができるなら人間がやる必要はない。機械化できる。

以前にも書いたことだが改めてそこがポイントだと思うので再度書こう。
この職場の問題は食わせるために必要のない仕事を作っていることだ。
社会主義と似ている。役所のようなものである。
食わせるための仕事なので効率化が必要ない。

父の死

2004/02/10(Tue) 01:01 父が入院した。
食欲不振で胃の調子が悪いというので近所の小さな病院に行ったところ、胆のうが腫れていて、黄疸の症状が出ているため、大学病院で精密検査を受けるように言われて紹介状を持って行って検査を受けた。二回目の検査を受けた日、検査結果がよくなかったらしくそのまま入院という事になった。
2004年2月7日土曜日のことである。γ-GTPの数値がかなり高いということだった。たしか、200から400くらいだった。
土曜日の深夜帰ってきて、入院した事を聞いた。翌日は昼から仕事だったので月曜日に病院へ行った。
黄疸というほど顔色は悪くないように見えた。毎日見ているからわからないのかもしれないが。特に痛みもないらしく、元気に見えた。しかし今日検査した結果のγ-GTPは2000を超えていた。標準値の400倍である。その他にも異常な数値がいくつかあるようだった。胆のうから腸へ通じる管が詰まって、胆汁が逆流しているらしい。どうやらその管に、腫瘍らしきものがあるらしい。それが良性か悪性かはわからない。父は他人事のように、医師から説明された臓器の図をみせながら説明してくれた。気になったのは、そこに医師が書き込んだ文字である。胆管に丸がつけてあり、そこをさしている線の元には「腫瘍」と書いてある。そしてその脇に、良性/悪性とかいてあり、悪性のほうに丸がつけてあったのだ。
2004/02/10(Tue) 01:08 今医者に命じられている事は安静にすることだ。そして絶食。飴、お茶などは許されている。のどから点滴のようなものを受けている。治療計画表とかいうものを見てみると、絶食とかいて矢印は1週間くらい伸びている。父は67歳だが、体格はがっちりしていて、太ってもやせてもいない。
気になるのは最近、去年の夏ごろからだったか、訴え続けている腰痛である。好きだったゴルフもできなくなり、あぐらをかくことができなくなって椅子を買った。そして長時間歩くと痛むという。腰痛については外科で見てもらっていたが、話を聞く限りでは原因はよくわからず、良くなる様子もない。単なる骨や神経の問題ではないように思える。
2004/02/16(Mon) 18:23 ガンかもしれない。ガンがおそろしいと思ったのは逸見アナウンサーが亡くなった時だ。あの時は確か、本人が記者会見を開いてガ…