ダイエット論

2007/08/23(Thu) 19:39

bbcというダイエット商品が大ヒットしている。周りにもやっている人がいたしTVなどでも話題なので知ってはいたが、確か100万セットだか売れて新聞記事になっていた。その記事に、ダイエット商品は楽してやせられるというものが売れるという常識を覆したという事が書いてあった。かなりハードで挫折する人も多いと聞く。私はダイエットが嫌いである。そしてこのBBCも、今までの楽してやせるというダイエット商品となんら変わらないのである。この商品はbillyという人がインストラクターとしていろんな運動をおこなうのであるが、その時に過激な叱咤をするらしい。これがヒットした一番の理由である。これによってダイエットのモチベーションを維持できるのである。激しい運動と罵倒に近いトレーナーの激励。これによっていかにもダイエットしている、これならやせる、と思えるのである。ここに問題がある。この苦行的なダイエットというのは、麻薬なのである。ダイエットに限らず、仕事でもなんでも、苦労してるから成果があるはずだと思い込むこと、もしくは苦労した事自体が成果であるかのように錯覚してしまう。そもそも私はダイエット自体が非常に危険であると考えている。肥満というのは生活の乱れの蓄積である。それを短期間の食事制限や過激な運動で無理に体重を落とすと、一時的に体重は減っても、さらに太りやすい体質になってしまう。いわゆるリバウンドというのは、ダイエットの反動ではなく、ダイエットそのものが原因なのである。ダイエットしたから太るのである。ダイエットは始めたら死ぬまで続けないと、やめた時に必ずダイエット前よりも太る。ダイエットが危険なのは体重を基準にするからである。体重を速く減らすには脂肪よりも筋肉を落とす事だ。体重ばかり気にしていると筋肉を減らす方向に走りがちになる。食事を減らすのがその典型である。これは私の経験に基づいている。かくいう私もダイエットのマネゴトをしたことがあるが、その後に必ず太った。食事を抜くと体重は一時的に減るが、そのときに筋肉が落ち、さらに脂肪を貯めやすい体になってしまうのだ。過激なダイエット、無理なダイエットが悪いのではない。ダイエットそのものが悪い。ダイエットすると太る。ダイエットするから太る。

2007/08/23(Thu) 19:41

私は缶コーヒーをよく飲む。最近は休みの日には飲まなくなったが、仕事中には飲む。よく缶コーヒーはまずいとか甘すぎて毒だとかいうが、私は甘いからこそ缶コーヒーを飲む。まずいし甘いのは確かであるが、だからといって缶コーヒーのブラックや微糖は飲めたシロモノではない。私は普段も、インスタントコーヒーには砂糖を入れるが、粉からいれたときにはブラックで飲む。なぜ飲むかというと、缶コーヒーを飲むと、頭が動くようになるのである。糖分が足りないのだろうか。私は一時期朝食を抜いていたが、その時は缶コーヒーが朝食代わりだった。今は一応朝食を取っているが、朝は基本的に苦手でぼーっとしてしまう時が今でもある。そういうときに缶コーヒーはお手軽にきくので愛用しているのである。脳で糖が不足すると筋肉を分解して糖を作るとか聞いたことがある。それは恐ろしい。そんなことになるくらいなら甘い缶コーヒーを飲んだ方がいい。

2007/08/28(Tue) 19:35

ヘルシアを毎日飲んでいる人がいる。効果があるらしい。販売も好調なようだ。もちろん私はそんなものは飲まない。サプリメントも飲まない。プロテインも飲まない。筋トレにも少し後ろめたさを感じるくらいだ。一番いいのは、走る事である。運動量としても多いし、足を使うし、全身を動かすし、もっとも体がリフレッシュする感じがある。寝る前にちょっと筋トレをするのは、簡単だけど。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...