やや好調

2007/12/06(Thu) 20:11

もうすぐ40歳になるのだが一向に体力低下を感じない。総合的には今がピークじゃないかと思えるほどである。食欲がやや落ちて酒量が増えて腹が多少出てきたが、気に病むほどではない。精神的にも丸くなったとか落ち着いたとか自制心が増したとかいうことはほとんど無い。いくらか対人恐怖が薄れたくらいである。よく年をとるとアタマが硬くなるといわれるがそれは嘘だ。若いほど頑固である。若いときは力ずくでなんとかなるせいもあるだろう。年をとると経験が増えるのでいろんなやり方のオプションが増える。だから無理なことをしないで効率よい行動がとれるようになるのである。若いときはどうしていいかわからないから、手探りで体当たりですすんでいくような行動になる。そのときには目的遂行の意志を強く持たないといけない。もうひとつよく言われるのが物忘れである。私はこれも肉体の機能低下ではないと思っている。年を取ると出会う人の数も増えるから覚える名前と顔もどんどん増えていくのである。そうなればそこから探して取り出すのが困難になっていくのは当然である。情報が増えれば階層化してしまったりまとめて圧縮したりする。それだけの話である。なんでこんなことを言っているのかというと、私は人間は本来死なないように創られたという話を聞いたことがあり、とてもおもしろいと思ったからである。まあ有名なので名前を出すとエホバの証人である。神にはエホバという固有の名前があること、輸血を拒否する事、誕生日を祝わない事、みんなそういわれるとそうだな、と納得できることである。乾杯もしない。私はこういう頑なで狂信的なものが大好きである。

2007/12/13(Thu) 20:10

私の1500mのベストタイムは5分ちょうどである。高校2年のときに記録した。これはなかなか速いタイムで、スポーツテストでは5分を切ると満点になる。それから15年くらいたって、ランニングを始めた。24時間TVでいろんな芸能人が走っていたのを見たのがきっかけだ。いきなりマラソンは無理だろうと、とりあえず20Kmのレースを申し込んだ。制限時間は1時間50分である。つまり、1Kmを5分30秒以内で走るペースである。とりあえず家の近所を走ってみた。しかし自分がどのくらいのペースで走っているのかがわからない。そこで自転車に取り付けて距離を測れる装置を買ってきた。そして自分が普段走っているコースの距離を測ってみると、1km5.5分というのがけっこう速いということがわかった。その頃走っていたコースは3キロ程度だったのだが、その距離でもやっとの速度なのだ。これは無理だ、と思いかけたが、一般市民が参加するレースの制限時間くらいはクリアできないとダメだ、と練習をつんでなんとか1h40minつまり1km 5分のペースで走りぬいた。その時に感じた達成感は自分の人生で5本の指に入るほどのものであった。それをきっかけにハーフマラソンや20kmレースを何度か走ってついにフルに挑戦した。初回はかなりの距離を歩いてしまったが2回目で4時間7分くらいで最後まで走りとおした。その後もう一回走ったがそれも歩いた。私はスピードがあるがスタミナがないようだ。マラソンを走るためには走法を変える必要がある。ピッチ走法で、ひざが痛まないように内股ぎみに走る。ぴょんぴょんはねてはいけない。我慢我慢でちょこちょこ走る。そうしないとフルは走りきれなかった。

話がそれたが、私はマラソンのためにランニングをしていたころ、1500mのタイムをはかってみたら5:15だったのだ。35歳くらいだったと思う。つまり、体力的に中高生のときと変わらない、それを言いたかったんです。

2007/12/16(Sun) 16:41

久しぶりに一歩を殴った。180台が精一杯だった。職務質問でむかついたのをモチベーションに転換した。ついでに背筋力もやった。201が出た。握力は51だった。この辺は年を取るほど向上している。背筋力は毎日チャリンコで坂を上っているときに鍛えられたのだと思う。私は水虫持ちだったんですが最近治りました。足の指の間がくさくてたまらなかったんですがね。いつの間にか治りました。

2007/12/20(Thu) 02:09

私はくしゃみをするときにハンカチを口にあてる。防音の意味もあるのだが実はもっとやむにやまれぬ事情がって、10年くらい前からくしゃみをするとほぼ100%タンが飛び出てしまうようになったのである。くしゃみがでそうになるともう体の自由が奪われて、きっと大変なマヌケ顔になっていると思う。そしてくしゃみをすると自分でも気づかないくらい高速にタンが飛び出て、目の前の壁などに付着しているのである。外ならまあいいが、オフィスなどでそれをやって他人の机にタンを飛ばしたりしたら大変である。だから私はハンカチを口にあてるようになったのである。ほぼ毎回、ハンカチにタンが吐き出されている。

しかし身の回りでそんなことをしている人はいない。みんな平気で飛沫をまきちらしている。とびあがってしまうくらい、大きな声でハックション!という人もいる。あと、やたら鼻をグスングスンしている人もいる。グスングスンというか、フンガーフンガーというか、豚のように鼻を鳴らす人。あれは何なんだろうか?明らかに故意に鳴らしているよね?

2007/12/23(Sun) 13:03

元阪神のキーオが酒乱になってしまったらしい。飲酒運転で何度かつかまっているとか。彼は頭部にデッドボールを受けて死に掛けて、それ以来人がかわってしまったそうだ。私も高校生のときラグビーをしていて脳震盪を起こしたことがある。そういえば泥酔して泣いたりわめいたりするようになったのはその頃からだ。ただ酒を飲み始めたのもその頃だからそのせいかどうかはわからない。浪費も、引きこもりも、そのせいじゃないかな。でもそうだとしてもどうにもならないからどうでもいいや。

2007/12/30(Sun) 04:43

胸焼けぎみだ。胃よりももっと上の方。私はすぐお腹が痛くなる。子供のころからいっつもお腹が痛かった。下痢になることが多かったがそうでなくてもなんだかわからないがお腹が常に痛かった。30歳を超えるころからだんだんそれが減ってきたように思う。神経性だったのだろうか。今回の胸焼けは飲みすぎによる。

お墓参り

最近お墓参り代行業が流行っているそうだ。私は最近父を亡くして墓を建てたので、それを非常にけしからんという気持ちで聞いた。まあ私の場合はすぐ近くにあるからいいのであって、地方にある人は無理もないことかもしれない。ほったらかして草ぼうぼうにしておくよりはいいかもしれない。私は父が亡くなった後、墓を建てる際に、父の父が建てた墓へお参りに行った。それは、墓を建てるために参考にする意味もあった。墓の建て方などを書いた本を読んで、墓についたコケをとってはいけないというのは迷信などという話を聞いて、掃除する事にした。

しかし、1回では終わらなかった。手ぶらで行ったのだが、たわしや雑巾、雑草をぬくためのスコップなどが必要だった。さらに近くに雑草というよりも小さな木といっていいくらいなものが生えており、それを切るためにノコギリも用意した。結局、私は土曜日に7週連続墓参りをした。コケを掃除し、雑草を抜いて、戒名をメモした。そして、ノコギリで切った木の根が隣の墓に巣食っていて、隣の墓はジャングルのようになっており、その木が我が家の墓の方まで根を伸ばしていたため、墓地の管理事務所へ行ってなんとかしてもらうようにお願いまでした。しばらくして墓参りにいったらその家の人が来ていて、石屋さんと相談しており、しばらくしてきれいになって木や雑草もなくなっていた。その時は私はとてもすがすがしい気分だった。墓参りしたあとは本当にすがすがしいものである。

そして私はその事があってしばらくして行ったパチンコ屋で、10万円以上勝ったのである。私はこれはお墓参りのごほうびであったと思っている。

おいしいもの(3)

23: 2007/09/07(Fri) 00:23
最近調味料をほとんど使わない。サラダにはもうだいぶ前から何もかけない。マヨネーズはもちろんドレッシングや塩もかけない。サンマにしょうゆをかけることもしない。魚に調味料はいらない。さすがに刺身にしょうゆはいるが。焼き魚にはいらない。フライ物にソースもいる。そば屋とかでおしんこにしょうゆかける店があるけど許せない。カレーにソースとかも言語道断。
24: 2007/09/07(Fri) 00:25
そんなことより最近の食欲のなさはどうだろう。といっても朝から夕方までの話だけど。酒を飲んでるからに決まってるんだけど。それはわかってるんだけど。昼飯といえばサラリーマンの憩いの時間。一人暮らしのときなどは1日の主要な栄養補給機会であった。しかし今は売店でオニギリを2,3個買ってすませてしまっている。
25: 2007/09/07(Fri) 00:26
コーヒーもめっきり飲まなくなったな。インスタントは土日の昼など家にいるときは飲むけど、喫茶店、ドトール、スタバなどにはとんとご無沙汰で飲みたいとも思わない。
26: 2007/09/16(Sun) 14:10
焼肉屋でニンニク焼きを頼んだら、アルミホイルでできた器にごま油をいれてそこにニンニクの切ったのを入れて焼肉を焼くところに置いた。揚げるような感じになってなかなかうまかった。気のせいか非常に元気になって、帰り道に無性に右ストレートを繰り出したくなった。
27: 2007/09/18(Tue) 23:04
最近酒を飲みすぎな感じがしていたがよく考えるとビールやチューハイばかりであったのでひょっとしたら薄いアルコールばっかり飲んでるのがいけないのかなと久しぶりにジャックダニエルを買ったのだがまだ二日目なのだがすでに三分の二くらいなくなってしまっていて困った。
28: 2007/12/10(Mon) 19:06
最近私が利用している駅の出口のところにラーメン屋ができた。看板に何軒目かを示すと思われる数字が書いてあって、チェーン店のようだ。最近はラーメンなど食べたくもならなかったのだが、昨日はなぜか空腹になってそこへ入ってみた。食券販売機があったのだが、メニューがめんどくさい。非常にバラエティに富んでいるのだが、どういうメニューだったか思い出せないくらい複雑で少しイライラした。とりあえず塩味であるということだけはわかったものを選んだ。値段も結構高くて800円くらいだったか。待っている時に、ラーメンなんか味噌塩しょうゆくらいでいいんだよと思っていた。わたしは食にこだわるのが大嫌いだ。安くて健康によくておいしいものを、というのはいいが、食を楽しむ方向に力をいれるのは軽蔑する。
29: 2007/12/13(Thu) 21:39
そうですねえ、多いのはコリアン・・・・ですかね。焼肉っていうよりコリアン。あんまり肉は、ちょっともう、ね。年も年ですし(笑)。頼んでもミノ、ホルモンくらいですね。まずカルビなんか頼みません。最近は中華料理もいかないっすね。ラーメンも、ほとんど。1年に1回いくかどうか、ですね。昼はそば屋で親子丼、っていうのが定番だったんですけどそば屋もいってないなぁ・・・。ほとんどコリアンですね。新大久保の。そうそう、今週末はまず間違いなく新大久保にいます。週末私に会いたかったら大久保通りか職安通り探してください(笑)。
30: 2007/12/18(Tue) 03:01
最近酒量が増えた。健康に差し支えるほどではないとも言えないくらいに。資源ごみの日に出す缶やビンが増えた。それも面倒くさいので、そんな手は使いたくなかったのだが、2.7Lのペットボトルの焼酎を買った。値段的にもお得なのだが、酒と言うのはそもそも健康とかお得とか、そういう指向に反するものだと思うのだが、どうかね?

外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...