スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2008の投稿を表示しています

蓄積毒

08/03/04(Tue) 07:25

昨日テレビである医者が言っていたのだが、人間が一生のうちに摂取できるアルコール量は決まっているそうだ。「蓄積毒」という言葉を使っていた。男で1トン、女性で500Kg だそうである。80歳まで生きるなら1日1合が限度だという。計算してみた。二十歳から80歳まで60年毎日飲むとする。
1000kg / 60年 / 365日 ≒ 0.046 kg
これが1日の上限アルコール摂取量である。 350mlの缶ビールのアルコール量は、350 * 0.05 = 17.5ml
ハイリキは 350 * 0.07 = 24.5ml 上の数字を割ると、缶ビールは2.6本、ハイリキは1.86本となる。
日本酒1合は18度で32.4mlであるから2合は多いことになる。
私の場合、若い頃はあまり飲まなかったけど、最近は上限の倍くらい飲んでいるのではないだろうか。そうなったのはここ、2・3年くらいだから、少し減らせば大丈夫かな。今年は酒を減らして、ランニングを再開して、マラソンにチャレンジすることにした。
というわけで、原則酒は飲まないことにした。飲み会では飲む。むしゃくしゃしたら飲む。眠れなかったら飲む。でも原則、飲まない。帰り道にリキを飲むのは昨日で終わり。まあ、また飲みたくなったら飲んでもいいけど、原則、禁止。今年は、平日朝に走るという新境地に挑んでみたい。
眼がかゆい。花粉症である。しかし今年は症状が弱い。いつもは喉が痛くなるのだがそれは全くない。鼻水も朝少しでたくらい。くしゃみも1日10回もないくらいか。最近はエアコンをほとんどつけていないのと、コンビニ弁当などが減ったのがよかったのか。
08/03/06(Thu) 23:54
体力の低下と回復というのは、暗い洞窟に下りていって途中で引き返すようなものである。入り口の近くであればすぐに戻れるが、深入りすると戻るのに時間がかかり、最悪の場合戻れずにその場で死んでしまう。また、頻繁に行ったりきたりしていれば、どの辺まで行けば大丈夫だというのがわかってくる。しかし、そこで油断をして調子に乗ると思わぬ落とし穴におちてしまう。穴なんか入らないに越した事はない。本当は、洞窟というより、井戸のようなタテ穴に手を突っ込んで戻す程度の感覚である。
08/03/21(Fri) 21:51
夜中に目覚めたときに、何かが体の上にのって、両手を押さえ…

魔人との対決

ついに一言いってやった。今朝はあきらかに酒が残っていて、機嫌があまりよくなかった。駅のホームに立っている奴を見つけた。まず彼がいつもやるように目の前をスレスレに通るが反応はない。奴は例によって席に座ると通路に足を投げ出している。蹴飛ばしてみようか。ついうっかりのフリをして踏んづけてやろうか。さすがにそれは思いとどまった。

駅で降りて、奴の後ろをついていった。エスカレーターの右側を歩いて上っていく。例のごとく左側に立っている人にかすっている。改札をでて数歩歩いたところで、50歳くらいのおばさんが前から早足でやってきた。奴の右半身にぶつかり、よろめくおばさん。ヤツは何事も無かったかのように平然と歩いている。俺は我慢できなくなって、早足でヤツにおいつき、後ろから右肩を押した。

「人にぶつかったら謝れよ」と言うとヤツはびっくりしていた。サングラスの奥の目はなんだか焦点が定まっていないようでもある。私もヤツの視覚になんらかの障害があるのではという疑いはずっと持っていたのだが、携帯を見ているところも目撃しているし、人がいてもよけるときはよけるから、目は見えているのだ。ごにょごにょと、「何言ってんの」「ぶつかってないよ」などと言っている。

ぶつかってない?私が予想していたのはうるせえなこの野郎というような逆ギレパターンだったが、まさかのしらばっくれだった。そのままヤツを追い越して歩きながら思ったのだが、ヤツは多分俺がヤツにぶつかって文句を言っていると誤解したようだ。他人がぶつかったことについて怒られるなんてことは考えられないのだろうか。奴がぶつかってないと言い張るので、よっぽど「病院いって来い」といいそうになったが、それはやめた。濃いサングラスの奥の目を見ると、やはり視覚になんらかの障害があるようだ。まず目が悪いんですかくらい聞いてからでもよかったかなとも思った。でも、たとえ視覚に障害があったとしても、人にぶつかったときの態度には問題がある。視覚に障害があってもあんなぶつかり方をしたら気づかないわけが無い。電車の席に座っている態度については視覚はまったく関係ない。まあ、俺が言わなかったらそのうちヤクザかなんかにぶつかって殺されてただろう。ヤツも多分今まであんなこと言われたこと無かったと思う。これからは少しは気をつけるだろう。