蓄積毒

08/03/04(Tue) 07:25

昨日テレビである医者が言っていたのだが、人間が一生のうちに摂取できるアルコール量は決まっているそうだ。「蓄積毒」という言葉を使っていた。男で1トン、女性で500Kg だそうである。80歳まで生きるなら1日1合が限度だという。計算してみた。二十歳から80歳まで60年毎日飲むとする。

1000kg / 60年 / 365日 ≒ 0.046 kg
これが1日の上限アルコール摂取量である。
350mlの缶ビールのアルコール量は、350 * 0.05 = 17.5ml
ハイリキは 350 * 0.07 = 24.5ml
上の数字を割ると、缶ビールは2.6本、ハイリキは1.86本となる。
日本酒1合は18度で32.4mlであるから2合は多いことになる。

私の場合、若い頃はあまり飲まなかったけど、最近は上限の倍くらい飲んでいるのではないだろうか。そうなったのはここ、2・3年くらいだから、少し減らせば大丈夫かな。今年は酒を減らして、ランニングを再開して、マラソンにチャレンジすることにした。

というわけで、原則酒は飲まないことにした。飲み会では飲む。むしゃくしゃしたら飲む。眠れなかったら飲む。でも原則、飲まない。帰り道にリキを飲むのは昨日で終わり。まあ、また飲みたくなったら飲んでもいいけど、原則、禁止。今年は、平日朝に走るという新境地に挑んでみたい。

眼がかゆい。花粉症である。しかし今年は症状が弱い。いつもは喉が痛くなるのだがそれは全くない。鼻水も朝少しでたくらい。くしゃみも1日10回もないくらいか。最近はエアコンをほとんどつけていないのと、コンビニ弁当などが減ったのがよかったのか。

08/03/06(Thu) 23:54

体力の低下と回復というのは、暗い洞窟に下りていって途中で引き返すようなものである。入り口の近くであればすぐに戻れるが、深入りすると戻るのに時間がかかり、最悪の場合戻れずにその場で死んでしまう。また、頻繁に行ったりきたりしていれば、どの辺まで行けば大丈夫だというのがわかってくる。しかし、そこで油断をして調子に乗ると思わぬ落とし穴におちてしまう。穴なんか入らないに越した事はない。本当は、洞窟というより、井戸のようなタテ穴に手を突っ込んで戻す程度の感覚である。

08/03/21(Fri) 21:51

夜中に目覚めたときに、何かが体の上にのって、両手を押さえつけられたように感じた。全然動けない。声もでない。久しぶりの金縛りだ。と思ったら、ガタガタガタと戸が揺れる音がした。地震か、と思ったが風のせいであることに気づく。しばらくして体も動くようになる。水を飲んだりトイレに行ったりした後、もう一度寝た。今度目覚めたときには奥歯と胸が痛い。鈍い痛みではあるがなかなか引かない。寝返りをうって横を向いたりうつ伏せになったりしても直らない。起き上がっても直らない。結局30分くらい直らなかったのではないだろうか。いつの間にか寝てしまい、こんど目覚めたときは痛みはなかった。しかし熟睡感がまったくなくて、いつまでも寝ていたかった。

08/03/29(Sat) 00:49

最近風呂に入っていない。2週間は入っていないのは間違いない。今3月28日?3月になって入ったかな・・・記憶にない。シャワーはほぼ毎日浴びてますけど。

カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。 最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。 さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。 体調がよく空腹のときに何回か食べ...