精神科の思い出

08/04/06(Sun) 09:21

久しぶりに週末に外出した。暖かくなるという予報だったが意外に寒いので上着を着て出かけたが、暑い。シャツ一枚でも大丈夫そうだ。しかし、睡眠がちゃんととれなかったせいだと思うが、体調が最悪である。あらゆる欲望が萎えている。眠れなかったクセに眠くない。食欲もない。体を動かしたくもない。酒もまずい。アッチの気にもならない。

08/04/09(Wed) 23:30

昨日は早めに寝て、気づいたら12時ごろでまた寝て、また目覚めたら5時ごろだった。目を閉じていたが眠れないのでPCをつけてしばらく起きていた。もう眠れないかと思ったが、6時半頃に軽い睡魔がやってきたので寝た。ちょっとイヤな夢を見たが、珍しく深く眠った。体調がよい。土曜日からずっと疲労を感じていたがようやくそれが癒えた。そして仕事場に着いたときに、花粉症の症状がまったく出ていないことに気づいた。鼻水もくしゃみも目のかゆみも全くない。おそらく昨日一日中吹いた風と雨で花粉など桜もろとも吹き飛んでしまったのだろう。花粉症のシーズンはまだまだである。ゴールデンウィークに入るころにようやく終わる。

08/04/26(Sat) 06:16

2007年の初めの頃に、体調がおかしいということを何度か書いている。今読み返してみて、当時の事を思い出すと、確かにおかしかった。そして、その理由はおそらく、抗生物質だと思う。当時の記録にもあるように私は抗生物質を飲まなければならないような病気になっている。抗生物質というのはいろんな病気でよく処方される薬ではあるが、胃薬やカゼぐすりよりはやや「キツい」薬だと思う。今までの人生で薬によって体調がおかしくなったと思うことが、何度かあり、抗生物質を使ったときはすべてそれにあてはまる。一番は、25歳くらいの頃に腹痛となって入院したときに3日くらいにわたって抗生物質を点滴されたとき。その後なんだかフヌケのようになってしまった。もうひとつは、精神科に行ったときに処方された薬。パキシルだかなんだか忘れたが有名な薬。乳首がかゆくなって、明らかに太った。このときもフヌケになった。あとは最初に淋病になったとき。このときはフヌケにはならなかったが、一気に白髪が増えた気がした。

08/04/29(Tue) 01:18

私は精神科に通ったことがある。5年くらい前かな。もともと自分はちょっとおかしい、まともじゃないとは思っていた。もう、物心がついたころから、俺は異常だと思っていた。ある作家が言っていたように、自分の背負っているたくさんの苦悩のひとつでも人に背負わせたら発狂してしまうのではないか、という感じだった。だから、精神科に行ったのも、とうとう堪忍したか、今までよく逃げ回ったな、という気持ちだった。でも自ら精神科に行けるくらいなのだから、まだいい方だったのだろう。主な症状は不眠で、不眠から朝起きられず出社拒否となった。眠れないといってもずっとおきていればいつか眠くなる。それがちょうど起きなければいけない時間なのだ。外が明るくなって新聞配達のバイクの音が聞こえてきて、鳥がさえずり始めると眠くなる。始業時間に電話して休みますと伝えると、天国にのぼったように安らかに眠る・・・。そんな日々が続いていた。

精神科の医者はわたしをうつ病とは診断せず、「ストレス反応」という診断だった。今思い出したが精神科に行ったのは初めてではなかった。そのときはかなり重症だったが、それでもうつ病とは診断されず、「抑うつ状態」という診断だった。前回は会社を辞めて数ヶ月休んだ。そして今回はとりあえず2週間休み、傷病手当とかいうものまでもらった。仕事場の担当の人もそういう経験があったようで理解してくれた。しかし復帰後しばらくしてまた同じように休んでしまい、そこも辞めることになった。

そのとき寝ていた部屋は今と同じ部屋なのであるが、眠れない理由がわかった。部屋が明るすぎるのである。和室で、カーテンがないのである。もし不眠に悩む人がこれを読んでいたら、とにかく部屋を暗くしてみてほしい。雨戸を閉めるとか、服をかけて隠すとか。夏場ならすだれをかけるとか。タオルやシャツなどを顔にまいて目隠しするのもいい。いろんな家電製品の小さなLEDも、できれば消したほうがいい。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...