おいしいもの(5)

39: 08/04/02(Wed) 20:45
宝焼酎純の25を飲んでいるのだが味もしないし酔いもせず、飲む意味がない。カネが無くて700円くらいで安かったので買ったのだが。
焼酎は味覚的にもよい心地もあまりよくないのであまり飲まない。酒はブルっときたりカーっときたりしないと意味が無い。
40: 08/04/07(Mon) 00:48
最近は外食はほとんどコリアンである。さすがに少し飽きてきて、たまにはチャーハンでも食べてみたいなと思うようになった。よく通る道に中華料理屋がある。新しくてきれいなのだが、なんとなく、うまそうじゃない。しかし、とにかくチャーハンが食べたかったので入ってみた。
とりあえず餃子と春巻を頼んでみた。ビールはすぐ来たがなかなか来ない。少なくとも10分は待った。ようやく餃子が来た。あきらかに冷凍食品である。しかも油でギトギトで、焼きすぎである。冷凍食品でも別にかまわないが、なんでこんなに時間がかかるのか。注文を受けてから買いに行ってきたくらいの時間がかかっている。今まで食べた餃子のなかで、間違いなく最低の味だった。自分で買って来て焼いた餃子よりもまずかった。
41: 08/04/07(Mon) 00:50
肝心のチャーハンは、可もなく不可もなくであった。私が捜し求めているチャーハンではない。もっと、なんというのか、硬くて、しょっぱくて、ある店に行けば食べられるのだが、わけあってその店には行けない。
42: 08/04/13(Sun) 03:11
勇気を出してその店に行った。平静をよそおってCセットを注文した。無愛想な店員であるが、そういう男であることは知っている。むしろ中華料理屋の店員は無愛想であってほしい。彼がラーメンやチャーハンを作る姿は、全く変わっていない。顔は少し老けたかな、という感じがしなくもない。私はこの店には15年くらい前によく来ていたのである。そのときもCセット、味噌ラーメンとチャーハンとザーサイのセットをいつも頼んでいた。味噌ラーメンのスープが心なしか薄いような気がしたが、チャーハンはすばらしかった。このチャーハンである、私が食べたかったのは。だいたいのチャーハンは白くてやわらかくて味がしょっぱいだけなことが多い。ここのチャーハンは、焼き飯という感じである。
43: 08/04/13(Sun) 03:12
しかし酒の飲みすぎと寝不足などから胃にもたれてしまい、しばらく気持ち悪かった。
44: 08/04/13(Sun) 03:15
結局夜まで食欲が戻らず、もりそばでも食べようと、富士そばへ入った。ここもかなり昔から通っている店であるが、最近はあまり行っていなくて、久しぶりである。富士そばでは基本的にもりそばしか食べない。もりそばしか食べられないようなときにしか富士そばにはいかない。普段は特盛なのだが今日は大盛にした。食券を買って黙ってカウンターに置いて席に座った。いつもはそばかうどんかと聞かれるのだが、今日は聞かれずにそばが出てきた。俺もとうとう顔パスになったのか・・・。
45: 08/04/13(Sun) 20:36
2ちゃんねるの確か実況スレだったと思うが、自分は焼肉ではミノとホルモンしか食べないと言ったら、お前は貧乏なんだ世とレスされた。「なんだ世」と。わたしはこのレスに少しショックを受けた。自分では決して安いからミノやホルモンを食べていたつもりなどなかったのだが、確かにカルビは上とか特上とか、一人前で2,3000円するようなものがある。単に脂っこいもの、やわらかいものがあまり好きではないだけのつもりだったのだが、安いというのももしかしたらあったかもしれない。そこで最近はカルビやロースも頼むようになった。だがやっぱり油っこいのが気になるので、いっしょにサンチュセットを頼むようになった。サンチュセットとには、サンチュとレタス(?)と生にんにくスライスと緑のトウガラシがついてくる。レタスで肉とトウガラシとにんにくスライスを巻いて食べる。タレはつけない。これがいい。
46: 08/04/19(Sat) 05:08
健康ブームに物申す。人は食べるものつまり口から入るものによっては穢れない、口から出るものつまり「ことば」で穢れるのである。いい言葉でしょう?誰が言ったかしってますか?Jesusです。やれカロリーだやれプリン体だ添加物だ、油がどうのカプサイシンがどうした脂肪を燃焼させるだのヘルシア緑茶だの黒ウーロン茶だの、サプリメントだのプロテインだの、そんなもの一切いらない。I hate them.私も食事に気を使おうと思うこともないこともないけど、そういうときは体調も悪いし運動もしてなくて酒ばかり飲んでるようなとき、だいたい。
47: 08/04/20(Sun) 11:40
カルビ麺。2時ごろ行ったハウスのカウンターに客は一人もいなかった。珍しい。余裕で食券を買い、悠々と端の席に座って脇のイスにカバンをおいた。出てきたカルビ麺の見た目に感心する。スープの色の赤味加減、油の浮き加減、コショウの振り方加減、メンの透明感、完璧である。今日のはうまいぞ、と食べる前からわかった。食べ終わってふと着ていた白いシャツを見ると、オレンジ色のシミが数個、かなり目だってついていた。そんなことに気づかないほど夢中になってしまったのだ。味は完璧だったが、悲しいことに胃がもたれた。
48: 08/04/20(Sun) 13:46
体調がすぐれず空模様もどんより雨もぱらつく中、ふらっといつも立ちよるコンビニに入った。ビールでもと思って酒コーナーに行くと、見慣れない黒いカンが目に入った。なんとhilikiと書いてある。なんだこれはと手にとって見た。アルコールが9%、高炭酸と書いてある。黒いカンが挑発的だ。私はコンビニにハイリキがあれば必ず買うが、リキがおいてあるコンビニは少なく、そのコンビニも普段は置いていなかった。わくわくしながら飲んでみると、第一印象は宝のカンチューハイのような味だった。ハイリキはレモンがすこし苦いようなエグイような味がし、それがよさでもあるのだが、ブラックリキはすっきりして、レモンスカッシュでものんでいるような軽い飲み口である。アルコールの高さは感じられなかった。
49: 08/04/21(Mon) 19:24
私は部屋に湯飲みやコーヒーカップを置いている。何かしらの飲み物をほとんど常時飲んでいる。自分しか使わないからわざわざ洗うこともない。コーヒーを飲んだカップにそのまま酒を注いだりすることもある。夕べ、コーヒーカップで水を飲もうとしたら、少しのみ残しがあって、よく見るとカビが発生し始めていた。あぶないあぶないと、洗面所で水でざっと流してそのカップで酒を飲んだ。単に飲みすぎただけかもしれないが、起きたら気持ちが悪い。貧血のような感じである。カビのせいだと思えてならない。
50: 08/04/24(Thu) 21:51
父が死んで仏壇を買った。母は毎朝かならず、ご飯をお供えしている。夜もかな。果物もおいてあるし、何か頂き物をしたら必ず仏壇にそなえる。果物や頂き物は食べるが、ご飯はカピカピになるまで供えて捨てているようだ。私はお供え物というのは、本当は食べるものだと聞いたことがある。もったいないから食べてもいいというのではなく、是非食べるべきだ、というのである。というわけで、夕べ食事のとき一人だったので、ビールをグラスについてお供えし、5分くらいたってそれを頂いた。別に普通の味であったが。何もいいこともないが。私は人は死んでこの世からいなくなってもどこかに存在しているとずっと思っていたのだが、父が死んでからはその確信が揺らいだ。死んでも見守ってくれているなどと感じないし、きっと天国で静かにすごしているとか、私たちを見守っているとか、そんなことも感じない。逆に、もしどこからか今の私の生活を見られているとしたらぞっとする。

お供えを食べるといえば、以前雑司が谷墓地に行ったときに恐ろしい光景を見た。墓地に暮らすホームレスである。確かに墓地は静かで落ち着くというのはあるが、暮らすとなると話は別だ。そのホームレスは女だったような気がする。彼女は墓の供え物をあさって食べていたのだ。地獄絵図だ。駅やコンビニのゴミ箱をあさるのとはわけが違う。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...