タックル

08/06/10(Tue) 01:18

レッドソックスのピッチャーがnonoをやった。「がんを克服した投手が・・・」という見出しがあちこちに見られた。「がんを克服」「がんに打ち克つ」「がんを退治」「がんをやっつける」・・・という、がんは悪者であるという言い方に、私は違和感を覚える。イラストでも、がんだけでなく、各種ウィルスなども悪人顔で描かれる。私は父ががんになり入院し手術し死んでいくのを見て、がんを悪者とすることに違和感を覚えた。がんに限らず、病気全般にいえることであるが、病気というのは多くは病人に、そしておそらくほとんどは人間の行為に原因がある。父は自分がガンになったのは生活習慣のせいであると、反省とまではいかないが後悔していた。酒、タバコ、偏食、不摂生、過食、過労・・・これらが病気のきっかけとなる。しかし、私が思うには、病気の本当の原因はウィルスとか遺伝子の異常ではなくて、今あげたような人の行い、生活習慣、もっというと生き様、心がけ、のほうなのだ。
自分もそうだが、多くの人が、こんなことをしていたら病気になると思いつつ、快楽などに負けて欲望に流されて生きていく。それは、あきらかに自然ではない欲望である。胃がもたれるほど食べたり、もたれるようなものばかり食べるのが悪い。仕事などで悩んだりストレスで病気になる人もいるが、それは欲望に流されたとはいえないが、やはり自然現象ではない。ゆがんだ職場の組織や人間関係が引き起こしている。病気は自然の嫌がらせではなく、警告であったり、全体を守るための部分の機能停止であったりするのだ。だからわたしは病気を悪魔のように忌み嫌うことは、間違っていると思う。

08/06/12(Thu) 03:48

昨日は3時くらいまで眠れなくて、今日はつらかった。食事をして眠くてたまらず、8時くらいに寝てしまった。かなり寝た感じで目覚めたら11時半。風呂入って、目がさえて、たばこ吸って酒飲んでもうすぐ4時。

08/06/23(Mon) 20:59

私は高校時代ラグビーをしていてポジションはフランカーだった。フランカーというのはタックル屋である。フォワードだが第3列と言って、走り回ってフォワードとバックスの連携を取るような役割である。攻撃時には、スクラムからボールが出るとそれを追いかけて、モールやラックの基点となる。2次攻撃につなげられるか、相手にボールを取られるかの重要な役割だ。守備時には、相手のラインに沿ってこれもボールを追いかけるように飛び出す。もし内側に切れ込んできたらタックルする。外へ展開されれば内から外へ追い出すような感じでディフェンスしていきバックスがタックルすればそこでやはりモールやラックの基点をつくり、バックスがとめられなければ自分でタックルする。このときの動きは羊の群れを見張る犬のような動きである。

タックルと言うのは日常的にも使う言葉で、人が体をぶつけることを広くいうが、ラグビーのタックルはただの体当たりではない。自分の肩を、相手の足に当てて腕で締めて動けなくする。ぶつかるというよりも、足にワッカをかけるような感じだ。ただし最近ではボールを殺すタックルが推奨されているようだ。つまり足ではなく上半身に抱きつくような感じ。足に入るタックルは、きれいにきまると非常に気持ちがよく、それほど衝撃もない。タックルと言うといかにも体と体のぶつかりあいという感じがするが、まともにぶつかるのは痛いとか怖いとかもあるが、相手を止めにくい。自分が走っているときに、大きな肉の塊が前からやってきたら身構えて突き飛ばすだろう。しかし、もし二本の足を縛るようにガシっとワッカがはまったらどうすることもできない。ラグビーのタックルの基本は後者である。

アタマから突っ込んでいるように見えるが、ちゃんと進行方向の後ろにアタマを入れて蹴られないようにしている。逆にしてしまうとひざで顔を蹴られる。そして肩を腿にぶつける。ちゃんと入ればまず倒れるし、タックルした方もそんなに痛くない。

コツは、低く行くことである。もう、四つんばいになるくらいに低く、できればひざくらいを狙って。これがなかなかできないのだが。わたしは毎日練習していて、常に地を這うような姿勢で走りまわっていた。そしてサンドバックのような、中身は布なのだが、タックル練習用ダミーに向かってタックルする。低く入れば痛くない。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...