久米島旅行記 12 ハリセンボン

ウミヘビは気味悪かったがようやく今までみたことのない魚(ウミヘビは魚?)が見れて、不安とともに期待もわいてきた。


チョウチョウウオ、ツノダシ、ルリスズメダイなどが現れてくる。黒や茶色の地味な魚が多い。


ara04

ara03

ara02

ara01

気がつくと岩場の真ん中にいる。水深は3mくらいだったかな。波が高いし、1時間くらい経っているし、天気も心配だし、いったん浜に戻ることにする。


元来たところをたどるように引き返していく途中で、見たことのない魚を見つけた。

実は行きにも見かけて写真は撮ってあったのだが、帰り道にもまだいたので、じっくり撮影してみた。

ムービーにも撮った。フグ系の魚だな、とはわかったのだが、後で写真を確認してみたら体中にとげがついている。ハリセンボンだったのだ!!海底のコケのようなものを食べていたのか、ゆっくりゆっくり泳いで逃げる様子がなかった。


ハリセンボン


浜に戻るとけっこう疲れていたし、満足感もあったし、天気の心配もあったので、引き上げることにする。家族連れもちょうど引き上げるところだった。


駐車場に残ったのは私一人。ゴミ箱があるのに、空き缶が散乱している。どうしてこのせいぜい十メートル程度の距離を歩いて捨てに行けないのか?「来たときよりも美しく」の精神で空き缶や新聞紙を拾ってゴミ箱に捨てる。


「やっぱり沖縄にハズレはないな」とつぶやきながら帰る。



2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...