おいしいもの(7)

58: 08/06/29(Sun) 22:56
二日連続でインドカレー屋へ行ってナンを食べた。
ほんとうにうまかった。
エスニックなものが大好きだ。
59: 08/06/30(Mon) 23:38
yという新宿の店に入った。ここは外から中が見えるのですいているのを確認して入れる。一人で入るような店ではないので、混んでいるときは遠慮して、時間帯をずらして入る。

その日は日曜の夕方だったのでダメかなと思っていたのだがのぞいてみるとガラガラだった。
ラッキーと思ったが、その後なぜそんなにすいていたのかがわかっていく。

メニューを開くと、価格が高い。高麗の3割増しくらいかな。肉はみな1300円前後である。そして注文は2人前から、とある。つまり最低2600円かかるということである。

2人前くらい食べられないことはないだろうが、2種類頼んで合計4人前になったらちょっと自信がない。最近は小食な上にその日はそんなに空腹でもなかった。

というわけで1品を2人前だけにする。サンチュを頼んだが、高麗などのようにトウガラシとニンニクはついてこない。肉は解凍しきっていずコチコチのままでてくる。

味は悪くはないがいい気分ではない。
60: 08/07/15(Tue) 01:40
休日出勤すると、今の職場には何もないから、自動販売機の飲料くらいしかないから、朝コンビニで昼食を買うわけだが、だいたいおにぎりを買う。しかしまあ、最近のコンビニのおにぎりの具のバリエーションに富んではいるものの食欲をそそらずに邪魔なだけなのはまるでお笑い芸人のようだね!

おにぎりにマヨネーズいれてるやつ今すぐここにつれて来いよ、300円とかするおにぎり企画したやつ今すぐ電話しろよ、そんな気持ちになるんだよ。

梅干、おかか、シャケ、赤飯、そんなのを選ぶ。決して安いからではない。
61: 08/09/14(Sun) 23:41
テレビのCMで知ったのだが、ネスカフェの詰め替えパッケージが出たらしい。
たいしたことではないが、画期的だ、確かに。
62: 08/09/22(Mon) 21:03
私は最近、昼食に食べる弁当に入っている梅干の種を噛み砕いて食べている。もしかしてあんまり体によくないのかなと思って調べてみたが、はっきりした根拠はないがあんまりよくないらしい。何で種まで食べるかというと、もったいないとかおいしいとかいうのとは、ちょっと違う。マラソンランナーの高橋尚子が、鶏肉は骨まで食べるというのを聞いたことがある。骨髄みたいなものが好物なのだそうだ。ちょっと気味悪かったのだが、気持ちはわかる。なんというのだろう、骨までしゃぶる、種まで食べるというのは、それほどおいしいとか飢えているわけではない。探究心というか、潔癖症というか、神経症に似たものがある。
63: 08/09/28(Sun) 19:01
さっきピスタチオを買ってきた。カラを割って食べるときに薄皮などがちょろちょろ落ちるので何か敷いておかないといけない。
ピスタチオを食べていると、私が社会人になりたての頃のある出来事を思い出した。
私は湯島に事務所がある会社にいて、日本橋にある客先に毎日のように通っていた。
その客先にいる、顧問というか相談役というか、そういう人がいて、皆に先生と呼ばれていた。とても気さくで、私とは直接仕事の話をすることもなかった。
あるとき、その先生がピスタチオが好きだという話をしていたので、私はある日、アメ横の二木の菓子でピスタチオを買って持っていった。

先生はありがとうと喜んでくれたが、その客先の課長がピスタチオを食べながら言った。
「もっとうまいの買ってこいよ」
「二木の菓子なんかでおみやげ買ってきたヤツは初めてだ」

笑いながらではあったが、私はまさかそんなことを言われるとは予想もしていなかった。
とてもいいことをしたつもりでいたのに。
64: 08/09/29(Mon) 20:16
断酒して5日たった、土曜日。外出したが、体調がおかしい。まず、腹がパンパンにはっている。食欲もない。あるものを買おうと思ったのだが、上野の電器屋になく、秋葉原へ行って何軒か探したが、結局見つからなかった。歩き回っても食欲もでてこないし気分も晴れない。上野へ引き返して、どこかで食事をしようと思うがどの店も、なんか違うという気がして入れない。結局入ったのは、以前この辺に勤めていたときに昼食を食べたこともある居酒屋であった。

煮込みを頼むと、おわんのふちにカラシがついている。煮込みにカラシ?おでんじゃないんだから・・・と無視して食べる。串焼きを追加で頼むと、またカラシが付いてきた。何かい、おたくの店はカラシがあまってしょうがないのかい?と言いたいくらいだった。もう一品頼んでいたさばの塩焼きには、さすがにカラシはついていなかった。どれも味はどうってこともなく、ビールをいっぱい飲んで早々に引き上げた・・・

断酒

08/09/22(Mon) 21:01

また来た。もう、紛れもない放散痛だ。虫歯でも胸焼けでも寝違えでもない。酒を飲みすぎて寝ると起きる、心臓あるいはその他の臓器の痛みが、放散して歯や胸の痛みとなっているのだ、もう間違いない。何時ごろだったかわからない。時計を見るのも億劫だった。もう外は少し明るくなっていたかな?昨日はだるくて一日中家にいて、昼間に2、3時間昼寝した。が、疲れは取れず、頭もスッキリするわけでもなかった。昼に缶ビールを一本、夕食前に一本、夕食後に一本。しばらくして、500を一本、さいごに日本酒を1合強。飲みすぎだな。

08/09/27(Sat) 11:58

というわけで、さすがに断酒をした。月曜から金曜の夜まで、酒は飲まなかった。体調はすぐに回復、というわけにはいかない。むしろなんだかぼーっとしてしまい、自転車こぎもおっくうに感じる。
だが、これがどういう状態なのか、私にはわかっている。私は酒もたばこも、数年やって数年やめた経験がある。やめたばかりの頃には、「やめたから健康になる」という過剰な期待がうまれるのにそれほど大きな変化がないため、「別にやめてもあまり意味がない」と思いがちなものである。また、「俺は酒もタバコもやめた意志の強い男だ」と、シラフの状態を過大評価する傾向もある。酒やタバコが体によくないのは間違いないが、それさえやめていれば心身ともに健康になれることが保証されるわけでもない。ストレス、過食、夜更かし、偏食など、心身を蝕むものは世の中にごろごろしている。だから、酒のような嗜好品を断ったときに肝心なのは、それを気にしすぎないことである。断ったのがたいしたことでなければ、また飲み始めることもたいしたことではない。別に強制でもなんでもなく、自分の意志で、好みで、酒を飲むのをやめたのさ、と軽く考えることである。「飲んじゃいけない、誘惑に負けちゃいけない、飲みたいけど我慢、我慢」そのように考えてしまったらダメだ。体調をくずしたとか、酒をきっかけに事件や事故を起こしたようなときには、一時的にそういう考えも必要かもしれない。しかし、そういう考えを持っている時点ですでに酒に依存していることを忘れてはならない。本当に依存を断ち切るには、飲んじゃいけないという気持ちにすらなってはいけない。わかりやすい例で言えば、飲まず食わず眠らず本もテレビもなし、極寒あるいは酷暑、もちろん禁欲、そういう環境におかれれば、酒を飲みたいなどという衝動が、人間のもつ欲望のなかでどれだけ優先度の低いものであるかがわかるだろう。つまり、自らすすんで体を蝕むような嗜好品におぼれるというのは、それだけ自分の生活に安住している、生活のための生活になってしまっている、ということである。・・・と書いている私は今、酒を飲もうかなと思い始めている。そして私は知っている、あるていどの期間断酒したあとに飲む酒が、あまりうまくないことを。そして、その酒がうまくないことによって再び断酒することは稀で、あれおかしいなと飲酒を重ねて、酒のうまさを思い出すように、ふたたび飲酒におぼれていくことを。たばこも同じである。あの手のものは、始めてしばらくたって、依存性がでてき始めの頃が一番「うまい」と感じるのである。依存。でも、人間、何かしらに依存しているものである。gotta serve somebody というdylanの曲がある。

it may be the devil or it may be the Lord But you're gonna have to serve somebody

これが究極であり、酒、仕事、女あるいは男、ギャンブル、金、権力、名誉、家庭、親、兄弟、友人・・・・だから私には、簡単に「強くなれ、自分に負けるな、依存を断ち切れ」というような事はいえない。あるものの依存を断ち切るには、それよりはマシな何かに依存させるしか方法はなくて、人生とは、より高次の物へと依存の対象を切り替えていくことなのではないかと思っている。でも、devilとLoadの間をいったりきたりして一生を過ごす人がほとんどなのだろう・・・。

左肩が痛い

今、左肩が痛い。左肩といっても、背中側、肩甲骨のある辺りだ。痛いといっても、べつに凝っているとかズキズキするのではなく、なんとなく引っ掛かりがあるような、違和感がある。しかし、寝ていると、姿勢によっては痛くて眠れないほどである。また、手の位置によってはしびれたりもする。直接の原因は心当たりがないのだが、遠因としては、最近毎日左側を下にして横になり、左ヒジをついて頭を乗せていることである。四十肩とか五十肩とかいうものかとも思ったが、手は上にあがるし、上げたときは痛まないので、違う。どうも、放散痛とか、単なる外科的な痛みではないような気がしてならない。最近は心臓に負担がかかっているのを自覚している。主に酒の飲みすぎのせいだ。そして酒を飲んで激しい運動をすることもある。夜中に顎や胸が痛んで目覚めることがある。肩も、それと同様のことではないか。だが、起きて仕事をしているうちにほとんど気にならなくなっていった。

外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...