断酒

08/09/22(Mon) 21:01

また来た。もう、紛れもない放散痛だ。虫歯でも胸焼けでも寝違えでもない。酒を飲みすぎて寝ると起きる、心臓あるいはその他の臓器の痛みが、放散して歯や胸の痛みとなっているのだ、もう間違いない。何時ごろだったかわからない。時計を見るのも億劫だった。もう外は少し明るくなっていたかな?昨日はだるくて一日中家にいて、昼間に2、3時間昼寝した。が、疲れは取れず、頭もスッキリするわけでもなかった。昼に缶ビールを一本、夕食前に一本、夕食後に一本。しばらくして、500を一本、さいごに日本酒を1合強。飲みすぎだな。

08/09/27(Sat) 11:58

というわけで、さすがに断酒をした。月曜から金曜の夜まで、酒は飲まなかった。体調はすぐに回復、というわけにはいかない。むしろなんだかぼーっとしてしまい、自転車こぎもおっくうに感じる。
だが、これがどういう状態なのか、私にはわかっている。私は酒もたばこも、数年やって数年やめた経験がある。やめたばかりの頃には、「やめたから健康になる」という過剰な期待がうまれるのにそれほど大きな変化がないため、「別にやめてもあまり意味がない」と思いがちなものである。また、「俺は酒もタバコもやめた意志の強い男だ」と、シラフの状態を過大評価する傾向もある。酒やタバコが体によくないのは間違いないが、それさえやめていれば心身ともに健康になれることが保証されるわけでもない。ストレス、過食、夜更かし、偏食など、心身を蝕むものは世の中にごろごろしている。だから、酒のような嗜好品を断ったときに肝心なのは、それを気にしすぎないことである。断ったのがたいしたことでなければ、また飲み始めることもたいしたことではない。別に強制でもなんでもなく、自分の意志で、好みで、酒を飲むのをやめたのさ、と軽く考えることである。「飲んじゃいけない、誘惑に負けちゃいけない、飲みたいけど我慢、我慢」そのように考えてしまったらダメだ。体調をくずしたとか、酒をきっかけに事件や事故を起こしたようなときには、一時的にそういう考えも必要かもしれない。しかし、そういう考えを持っている時点ですでに酒に依存していることを忘れてはならない。本当に依存を断ち切るには、飲んじゃいけないという気持ちにすらなってはいけない。わかりやすい例で言えば、飲まず食わず眠らず本もテレビもなし、極寒あるいは酷暑、もちろん禁欲、そういう環境におかれれば、酒を飲みたいなどという衝動が、人間のもつ欲望のなかでどれだけ優先度の低いものであるかがわかるだろう。つまり、自らすすんで体を蝕むような嗜好品におぼれるというのは、それだけ自分の生活に安住している、生活のための生活になってしまっている、ということである。・・・と書いている私は今、酒を飲もうかなと思い始めている。そして私は知っている、あるていどの期間断酒したあとに飲む酒が、あまりうまくないことを。そして、その酒がうまくないことによって再び断酒することは稀で、あれおかしいなと飲酒を重ねて、酒のうまさを思い出すように、ふたたび飲酒におぼれていくことを。たばこも同じである。あの手のものは、始めてしばらくたって、依存性がでてき始めの頃が一番「うまい」と感じるのである。依存。でも、人間、何かしらに依存しているものである。gotta serve somebody というdylanの曲がある。

it may be the devil or it may be the Lord But you're gonna have to serve somebody

これが究極であり、酒、仕事、女あるいは男、ギャンブル、金、権力、名誉、家庭、親、兄弟、友人・・・・だから私には、簡単に「強くなれ、自分に負けるな、依存を断ち切れ」というような事はいえない。あるものの依存を断ち切るには、それよりはマシな何かに依存させるしか方法はなくて、人生とは、より高次の物へと依存の対象を切り替えていくことなのではないかと思っている。でも、devilとLoadの間をいったりきたりして一生を過ごす人がほとんどなのだろう・・・。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...