大倉にヒルはいない

前回縦走したときに、蛭ヶ岳へ向かう途中の鎖場で怖い思いをした覚えがあって、

今回もそれが気がかりだったのだが、そんな場所はなかった。


前回はコース取りを間違えたか、

鎖が新しく張り直されたのだと思う。


下山コースは大倉へ戻るか、こないだやったように焼山へ突き抜けるか迷ったが、

ヒルのトラウマがあったので北へ行くのは避けた。


塔ノ岳に戻ってきたころから雨が降り始めた。

大倉を下っていきながら、北にむかっていたら蛭まみれになっていたな、とゾっとした。

もう、昨日の午後なんか蛭のダンスパーティー状態だったのではないか。


しかし、大倉には蛭はいなかった。

石だらけで蛭すら嫌うのだろうか。


From fairest creatures



外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...