大倉にヒルはいない

前回縦走したときに、蛭ヶ岳へ向かう途中の鎖場で怖い思いをした覚えがあって、

今回もそれが気がかりだったのだが、そんな場所はなかった。


前回はコース取りを間違えたか、

鎖が新しく張り直されたのだと思う。


下山コースは大倉へ戻るか、こないだやったように焼山へ突き抜けるか迷ったが、

ヒルのトラウマがあったので北へ行くのは避けた。


塔ノ岳に戻ってきたころから雨が降り始めた。

大倉を下っていきながら、北にむかっていたら蛭まみれになっていたな、とゾっとした。

もう、昨日の午後なんか蛭のダンスパーティー状態だったのではないか。


しかし、大倉には蛭はいなかった。

石だらけで蛭すら嫌うのだろうか。


From fairest creatures



低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、 彼らは大学を出ていないという共通点がある。 実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。 彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。...