恐れていた病気

まず、糖尿病。すでになってるかもしれない。
次に、慢性膵炎、すい臓がん。親父がすい臓がんで死んでいる。
胃、肝臓、肺は、なぜか大丈夫だろうと思っている。
私は「胃が痛い」という感覚がどういうものかわからない。

私はわけあって二十代前半はほとんど酒を飲まなかった。
食生活も質素だった。
運動もちょくちょくしていた。
だから今でも健康だし、肉体年齢も若いと思う。

だが、最近酒量が非常に増えている。
それを気にして数ヶ月くらい断酒をしたりもするのだが、
飲酒を再開するとグンと酒量が増える。

今なんか、飲んでも全然うまくないのに飲んでいる。
身体がぶっ壊れてもしかたないと思っている。

でも、まさか太ももにしこりができるなんて・・・・
しつこいけど・・・

日本のITが世界に通用しない理由が社会的文化的なものだというならどうするべきか

ある有名なIT系のベテランエンジニアの書いた「日本のITはなぜダメか」という短い話を読んだ。 ダメな理由は、理系の大学を出てエンジニアになっても自分はコードを書かず大学すらでていない下請けに書かせ下請けは言われたことをやるだけだから、というようなことであった。 カ...