ad

2011年3月12日土曜日

翌日

死者の数や名前を読み上げることがむなしい。

ひとつ、とても驚いたというか気持ち悪いというか愕然としたことがある。
職場でいっしょに仕事をしている女性と帰り際にすれ違った。

彼女は着替えて、真っ赤な口紅を塗っていた。
まるでおばけのQ太郎のようだった。
彼女はあるいて10分くらいのところに住んでいるのである。
いったい誰に見せるために口紅などぬっているのか。
しかもこんなときに。一体何を考えながら口紅をぬったのか。