ad

2011年4月10日日曜日

泡沫候補

先日東京都知事選の政見放送を見た。
どこの誰だかわからない人間が、普段では絶対放送できないような、
偏見と独断に満ちた支離滅裂な話をしていた。

選挙にはときどきおかしな事を言う人が出てくるのは昔からだったが、
私は今回の都知事選にやけにそういう人が多いなと感じた。

そして、彼らの目的はなんだろうかと考えた。
まず、本気で当選しようと思っていないのは間違いない。
売名行為といっても、名を売ってどうなるものでもないような人たちもいる。

そして思った。
彼らは誰かにカネをもらって、テキトーに投票する人たち(いわゆる浮動票)
のおもしろ半分あるいは既存の体制に対する不満の受け皿をやらされているのではないだろうか?

彼らがいなかったら、そういう浮動票がただ有名なだけの候補に集まってしまいかねないからだ。