ad

2011年4月16日土曜日

iPhoneのガラスが割れた

仕事が終わって、酒を飲んで軽く酔ってiPhoneで音楽を聴きながら歩いていた。
使っているイヤホンのコードが硬くて少しこんがらがっていたので、iPhoneを胸ポケットから出して、
イヤホンでつるすようにしてコードをまっすぐにしようとした。

まっすぐになったのでコードを引いて持ち上げようとしたらプラグが抜けて、
iPhoneが落ちた。落としたのは初めてではなかったので大丈夫だろうと思ったが、
ディスプレイを下にして落ちたのでキズついたかなと拾い上げると、
ガラスに痛々しいヒビが入っていた。

悪夢でも見ているのかと思った。
おおげさに聞こえるかもしれないがそれくらいショックだった。
幸い動作には問題がなかった。

購入して1年はすぎているので保証は切れている。
WEBでしらべるとソフトバンクショップでは数万円かかるという。
これを機に4に機種変更しようかとも思ったがローンの残金がまだけっこうある。

さらにWEBで調べると修理をする業者がたくさんいることがわかった。
多くは宅配便などを利用して受け付けていたが、そんなことをしたら最低でも3日はかかってしまう。
3日もiPhoneなしで過ごすことなど食事を断つのと同じくらいつらいことだ。

そこで持込できる業者を探してたずねた。
小さなビルの狭い一室で、受付にいた若い男性はヒビの入ったiPhoneを見ても顔色ひとつかえずに
「では交換しますので」と言ってiPhoneを持って奥へ行った。
私は誓約書のようなものに名前などを書いて、座って待っていた。
エアダスターを吹き付ける音、テープを切って貼っているような音が聞こえた。
そして10分くらいして先ほどの男性が私のiPhoneを持って戻ってきて「動作確認してください」と言う。
私はechofonを起動した。思わず「すばらしい」と声が出た。

代金は9000円だった。
ちょっと高いかなと思ったがショップよりは全然安い。

治ったiPhoneを手にある場所を歩いていると、4000円くらいで対応している店の看板を見た。

まあ、たかがガラス一枚交換するだけだもんな。