ad

2011年10月6日木曜日

インド人の首振り

インド人と仕事をしていたことがある。そこでしばらくたってからそういえば、と気づいたことがある。いっしょに仕事をしていた日本人とも「そうだよね?」と確認したことだ。

それは、インド人の首振りの意味である。彼らは、聞かれたことに対して肯定的な話をするときに首を振ることがある。「新しいドライバが出たけどちゃんと動いているか?」と聞くと「yes, it's working.」とニコニコしながら首を振る。私は言葉や表情からそれが肯定の意味であることはすぐに理解して、首を振っているから否定なのか?とは思わなかったのだが、あるとき誰かが彼らはyesの意味で首を振る、という話をしてそういえばそうだと気づき、そういえば中学校の英語の教科書で、yesとnoの首の動きが逆になる民族がある(たしかインド人だった)という話があったのを思い出した。

しかし、私たちが一緒に仕事をしていたインド人達は、noの意味で首を縦に振っていたかときかれるとそれは記憶にない。さすがに「no」と言いながら首を縦に振ったら違和感を感じるだろうから、覚えていないということはそれはなかったのだろう。そして、肯定の意味で首を振るときの振り方も、日本人がするような振り方ではない。日本人が否定の意味で首を振るときには首を軸として顔の向きを、目線と地面が平行な状態を保ったまま左右に動かす。それに対してインド人の肯定時の首振りというのは、顔は正面を向いたまま左右に傾ける、いわゆる「首をかしげる」動作を繰り返すのである。