ad

2011年11月23日水曜日

衝撃的だった事件

私が生きているうちに起きた事件で、ショックだったもの。
思いつくままにあげる

梅川銀行強盗

地下鉄サリン事件

オウムの村井刺殺事件

日航機墜落事故

尾崎豊覚醒剤で逮捕

朴大統領暗殺

911

阪神大震災

・・・


なんかあまりおもしろくない。

いいたかったことは、今年の大震災は「第二の敗戦だ」とかいうくらい、
日本にとって重大な事件と言う人が多いが、
もちろん私もショックだったし人生が変わったと言ってもいいくらいだが、
特筆すべきものではない。

なぜなら、これは自然災害だからだ。
言ってみれば、たまたま起きた、誰も悪くないことだからだ。

戦争とか、殺人とか、テロとかは、人間の欲や業が惹き起こすものだ。

でも、地震は違う。
天罰だとか、人々の深層心理が惹き起こしたとか言う話を聞いて、
私もそうだよなーなんて思うことはあるけど、
みんなそんなことは信じない。

それなのに、なんだか、極端な話、今回の震災に酔っているような人を見かける。
私はそういう人を、すごく軽蔑する。

あたかも東京電力が地震を起こしたかのような、
菅直人が原発を破壊したかのような、
民主党が日本を滅ぼすために仕組んだかのような、
だれかに責任を負わせないと気がすまないのだろうか?

原罪なんてものは信じないくせに、誰かを悪者にしないと気がすまないのだろうか?