ad

2011年11月6日日曜日

銀行

仕事の都合である銀行の口座が必要になった。振込は異なる銀行間だと手数料が高いので、振込み元の銀行と同じ銀行の口座が必要なのだ。必要といってもどうしてもというわけではないのだが、銀行口座などすぐ作れるものだから、わざわざ違う銀行を使うのも気が引ける。

実は私はその銀行の口座を持っている。しかし、キャッシュカードを紛失し、再発行手続きをしていない。一度手続きしに行ったのだが窓口が非常に混んでいて、確か2時間くらい待つと言われてあきれて帰って、それ以来その銀行の口座は使っていなかった。

やはりキャッシュカードの再発行をしよう、と思ったのだが郵送では手続きできず店頭窓口で手続きする必要がある。しかし銀行の店頭窓口は平日の9:00から15:00までしか開いていない。そして何をするにも待たされる。銀行の窓口でする手続きなどたいしたものではないのだが、必ず待たされる。しかし一体あんなに大勢の客が窓口で何をしているのだろうか?振込み、入出金、納税など、窓口でないとできないことなどほとんどない。

私は銀行の窓口に行くのが大嫌いだ。今は銀行窓口でないと支払えないものなどまずないので行くことはないが、以前はコンビニでは支払えないものがけっこうあって、出勤前などに銀行に寄る事があった。わざわざ休むほどのことでもないから出勤前とか、昼休みとかに行くのである。しかしそういう時は銀行もバカみたいに混んでいて、バカみたいに待たされるのである。コンビニなら一瞬で終わる手続きなのに。私はもう、銀行の窓口に行くことに恐怖さえ感じている。

そこで、思いついた。新規口座開設であれば、郵送で手続きできる。これだ、と思ったら「お一人一口座にしてください」とある。「お断りする場合があります」とあるので絶対に駄目なわけではないようである。これまた面倒くさい。駄目なら駄目と言われればあきらめるのに。こういうところも銀行の嫌なところだ。申し込みして断られたり事情を説明するのも面倒だ。やっぱり窓口に行かないと駄目か・・・でも口座を持っている支店に行かないと駄目か・・・そういえば、以前引っ越すので支店を変えたいと行ったら面倒な手続きが必要であきらめたことがあった。その時に銀行員から口座がなくなることは客を失うことなのでできれば継続して欲しい、と頼まれたような記憶がある。

などということをしばらく考えて、最近静まっていた日本の銀行に対する不満や怒りがまたこみ上げてきた。ちなみにその銀行は合併したことにより3つの銀行名がくっついた名前になっている銀行である。往生際が悪いというか・・・。「さくら銀行」みたいに思い切って新しい名前を付ければいいのに・・・