経済学に対する懐疑

経済学者もしくは経済学出身者、金融業界の人間はよく「そんなのは経済学の基礎だ」というような事を言う。
経済学を知らないから失敗するとか、ダメなのだとか言って、政治家や経営者そして経済学者までもを批判する。

しかし、そんな基本的なことを知らずに経済学部を卒業できてしまい、経済や経済学を生業として生きてしまっていけるというのは、経済学の欠陥なのではないだろうか?経済学は学として成り立っていないのではないだろうか?

実際、「経済学なんて・・・」と経済学を自嘲する発言を、経済学者から聞いたことがある。

「地震学者が地震をふせげないように経済学者も不況を防げない」とか。

じゃあ黙ってろよ、と。

日本のITが世界に通用しない理由が社会的文化的なものだというならどうするべきか

ある有名なIT系のベテランエンジニアの書いた「日本のITはなぜダメか」という短い話を読んだ。 ダメな理由は、理系の大学を出てエンジニアになっても自分はコードを書かず大学すらでていない下請けに書かせ下請けは言われたことをやるだけだから、というようなことであった。 カ...