ad

2012年10月9日火曜日

死を望む人の死生観

最近は死にたい気持ちがいっそう募ってきた。単なる慣用句また感動詞としての「死にたい」ではなく、本格的な「希死念慮」という奴である。

そしてまた自殺の方法を調べた。恐怖と苦痛が少なく迷惑もかけない死に方はないか・・・。

すると、2ちゃんねるの自殺未遂体験を語るスレッドが見つかった。
以前にもちょっと眺めたことはあるが、じっくり読んでみた。

多いのは薬物とリストカットと足がつく場所での首吊りだった。
失敗した原因は、同居人のいる自宅で遂行した、電話やメールで知人にほのめかすかあるいははっきり宣言して助けられた、恐怖で自殺を思いとどまった、などである。

共通しているのは、すべて自分が死ぬ覚悟ができていなかった、死ぬ恐怖に打ち勝てなかったということである。

自殺の話になるとまず言われるのは「自殺なんかしてはいけない。命は授かりものだ。」という自殺罪悪説である。それから、「自殺未遂なんて本気で死ぬつもりなどないのだ。死にたいのならとっとと死ね」という未遂に対する罵倒。そして、「何があったの?死ぬ前に誰かに相談すれば?生きてればいいことあるよ」という心配。

「自殺は素晴らしい」という人はまずいない。
だが、非常に潔く動機も生活苦などではない場合はそれが賞賛される場合もある。
乃木稀典とか、三島由紀夫とかである。

私はこの2人の自殺にも興味を持っていろいろと調べてみたが、あまり手放しでは賞賛できないような事実をいくつか知った。そして、2人の死について否定的な考えを表明している有名人も大勢いることを知った。



調べれば調べるほど、自殺というのは限りなく困難なもので、ほとんど不可能に近いと思えてくる。
ロープを用意し、山の中まで行って首を入れるところまでいってもやめてしまう人がいる。
薬の大量服用については、本人の意志に関係なく吐いてしまい、まず成功することがない。

未遂に終わった場合、「二度と自殺なんかしない」という人が多いが、中には「今度こそ」と考える人もいる。実際、自殺に成功した人は何度か未遂を繰り返した人が多いそうである。



私は自殺を試み未遂に終わる人たちがすべて本気で死のうとしていないとは思わない。
彼らは本当に絶望していて、生きることは苦痛以外の何物でもなく、死ぬしかないと思っている。
しかし、いざ死のうとすると苦痛と恐怖で思いとどまってしまう。

思いとどまるときに、たとえば親であるとか、恋人や友人などの親しい人の顔が浮かんで思いとどまったというのは聞いたことがない。皆、苦痛と恐怖で思いとどまる。



何件もの自殺未遂の体験談を読んでいくうちに、私の疑問は「どうして死のうとするのか」ということから、「どうして死にたいのに死ねないのか」ということに変わっていった。自らの死にたいという意志にすら抵抗するこの強力な力はなんなのか?生命力とか本能などという生物学的な概念では捉えきれないもっと大きなものを感じる。

「命は授かりもので自分のものではない」という言葉はある意味核心をついていると思うが、自殺しようとしているものにとっては虚しい言葉だ。それが真実か否かは問題ではない。真実であっても、死を思いとどまる理由にはならない。むしろ、苦痛に満ちた生を与えた者を恨み、たたき返してやると思うだろう。

私はこの考えをさらに一歩進めて、「授かっているどころか自分のものですらない」と考えてみた。
命も、肉体も、授かり物でも借り物でもない。自分のものではない。

そもそも、命や肉体が自分自身であったら、それ自体が自分を滅ぼそうと考えるとは思えないのだ。


自殺というのはやはり、自分が思い描いている自己と現実の自己の乖離が引き起こすのだ。そしてそういうことを考えるのは、自己を意識できる何かが存在していて、それが自己を否定するのだ。


「心と体」もしくは「精神と肉体」などというように、一人の人間を二つに分ける考えがある。
ある人は、「心とは体の機能のことであるから、心など本当は存在しない」という。唯物論などと呼ばれる考えである。

また、「霊魂と肉体」という考えもある。これは「精神と肉体」と似ていて、実際に広い意味では同じ意味で使われる。

多くの人は、「心=精神=霊魂」と思っているのではないだろうか。

だが「霊魂」が大きく異なるのは、死後も存在し続けるということである。

「死んでも心は生きる」「死んでも精神は生きる」とはあまり言わない。
「その心は生き続ける」などと言うことがあるが、それは故人の遺志を残された人々が継ぐという意味である。


「生前に悪い行いをしたものは地獄に行く」「自殺すると地獄に行く」というのは昔から言われることである。
このことに関してはどんな科学者も宗教家も肯定も否定もできない。
真理であると証明できないからといって偽であると断定することはできない。


私は今まで、自殺者の葛藤は、霊魂と肉体の葛藤であると思っていた。
霊魂というものの存在を信じていた。天国と地獄というものも、おおまかには存在するだろうと信じていた。今でもそれは変わらない。


だが、自己というもの、特に自殺をしようとするような状態で死のうとする主体とそれに抵抗する主体が何なのかということについてはわからなくなっている。

「霊魂と肉体」という風に二つのものが対立すると考えると、霊魂が死のうとして、肉体がそれに抵抗する、という風になるのか?それは、霊魂が肉体を離れようとする行為であり、それに肉体が抵抗するのだろうか?だとしたらそれは何故か?

「それは肉体としての、生物としての生存本能だ」と、自分でも考えていたが、それに疑問を感じる。


「生存本能」などというものは、「死んだら地獄行き」とか「神様が人間を作った」というのとなんら変わらない、都合のいい仮定にすぎないのではないだろうか?(地獄や神などが人間のでっちあげと言うなら)


「死にたい」と思うのは生存本能の衰えであり、それはつまり肉体の衰えであり、あるいは心の衰えであるという。だから、休養し、肉体や心の本来の姿を取り戻せば、また「生きたい」という欲求が、本能が取り戻せるという。本当だろうか?


生物は、肉体は本当に「生きたい」と思っているのだろうか?あるいはそのような本能があるのだろうか?

植物が芽を出し葉を出し、花を咲かせるのになんらかの意志が働いているだろうか?
私は働いているとは思わない。「思わない」だけである。実際どうなのかは知らない。

では動物はどうだろうか?アフリカの草原に生まれた一頭のライオンを考える。
生まれたときはネコのようで可愛いがすぐに大きくなりオスならばタテガミが生えてするどい牙も生えて獰猛な獣となる。

その成長に意志は働いているだろうか?これについても「否」である。
その有力な根拠のひとつは、どんなライオンも同じように成長する、ということである。
自分の意志であるなら多種多様な動物に成長するはずだ。

動植物の成長がなんらかの意志によらないとするなら、なんによるのか。
「本能」だろうか?「本能によって成長する」というのはちょっと変だ。
本能というのはその生物に備わる性質のことであって、その生物を成長させる力ではない。


さて、人間である。

人間も放っておいても背丈が伸びて成長する(もちろん飲食したり寝る必要はあるが)。
これは動植物と同じで、「オトナになろう」と意識し努力して大人になるのではない。


そして、自殺というのは、このような肉体的な成長を止めたいという欲求ではない。
そうではなく、存在の抹消を願うことである。抹消したいのは肉体よりもむしろ「意識」の方である。

自己を意識するときに肉体を対象として考え、その対象が消滅すれば自己の意識が消滅する、と考える人はまれだろう。

むしろ、自殺者が消滅させたいのは自己を意識している主体の方である。
少なくとも私はそうだ。

首をつるとか飛び降りることを考えるのは、それによって自己を意識する主体である何者かを消滅させたいのである。



でも、よく考えてみると少し不思議である。
どうして肉体を滅ぼせば自己が消滅すると考えるのだろうか?
私は霊魂の存在を信じているのではなかったか?
だとすれば、肉体が消滅しても自己は存在し続けるのではないか?
肉体を失ったとき、自己を意識する主体はどうなるのか?消えてしまうのか?



私は、ぼんやりとではあるが、次のようなことを想像している。

・・・・

まず、霊魂は存在し、人は死んでも霊魂は生きる。
霊魂が生きる場を霊界と呼ぶことにしよう。

霊界から地上界(私が肉体を持って生きている世界)のことは認識できるが、
地上界から霊界は認識できない。だが、まれに地上界の人間が霊界を認識できる場合がある。

天国と地獄のようなものは存在するが、それは生前の地上でのおこないによって振り分けられるようなものではなく、生前のおこないによりその人の霊魂の有り様が決定し、その有り様に応じた霊界に行くようになるというだけのことである。霊魂は地上界での肉体よりももっと激しくその姿が個別に変わっていて、ほとんど別の動物であるくらいなので、自分と同類の霊魂と以外はとてもではないが一緒には暮らせない。

その死因が自殺であろうと、他殺であろうと、事故死であろうと病死であろうと、それによって霊魂の有り様は変わらない。それまでの生き方によって霊魂の有り様はすでに定まっているのである。自殺するような人は多くはそれまでの人生が幸福ではないため、霊魂の有り様はあまりよくない。だから、結果だけいうといわゆる「地獄に落ちた」ような状態になる。

問題は、そのような各霊魂が自分の有り様に応じた霊界に暮らすことがその霊魂にとって幸せなのかどうか、ということである。地上界でも、高級車に乗り、美食と酒を楽しみ毎晩パーティーをするのが幸福だと思う人もいれば、何もない田舎でぼーっとして暮らすのが幸福だと思う人もいるだろう。部屋の中でずっと読書したり映画を見たりしているのが好きな人もいれば、海や山で遊ぶのが好きな人もいる。それぞれを逆の環境に置いたら、どちらも苦痛である。いわゆる「天国と地獄」もそのようなものである。つまり、巷に言われているほど地獄は恐ろしい場所ではないのである。

これは、倫理的な観点からすると不公平のように思われるかもしれない。たとえば強盗や殺人を犯したものも、死んだら楽しく暮らせるのはおかしいではないかと。確かにそうかもしれないが、強盗や殺人という地上では重罪とされていることも、霊界ではそれほど重い罪とはみなされない。

人間は死ぬときに、地上で犯した罪(霊界から見て)を償わされる。それが死に伴う苦痛である。その苦痛をもって、人は肉体から解放され、生前の行いに応じて定まったそれぞれの霊魂の有り様に応じた霊界に行く。


・・・・


これが私の霊界観である。多くはスウェーデンボルグに影響されている。
別に霊感があって覗いてきたわけではない。

だから、私は自殺を否定しないのである。
自殺というのはほとんどはそれまでの人生から必然的に導かれるものである。
それを、「死んだら地獄に行く」「卑怯だ」「罪悪だ」などと言って許さないのも、私は決して全面的によい事だとは思わない。



さて、それでは人間が生きるとはどういうことなのか。
それがわからない。

私は、「人は死んだらどうなるか」ということについては上に述べたような考えを持っている。
しかし、生きることについてはその意味も、先ほど少し考えた生きる原動力のようなもの、生きる主体がなんなのか、ということさえわからない。

少なくとも、本能ではない。
また、よく言われるような「霊魂の修行」のためでもない。
たしかに地上の生活によって霊魂の有り様は決まる。しかしそれは多種多様なものであり、かくあるべしという規則のようなものはない。



とりあえず私が今思いつく生きる力の源として考えられるのは、「好奇心」のようなものだ。
かんたんに言えば、「おもしろい」から。

夕焼けがきれいだとか、星がきれいだとか、海がきれいで魚がたくさんいて波がバシャバシャしていておもしろい。

赤や黄色の実がなっていてそのあるものはすっぱく、あるものは甘く、おいしい。

ある植物は根が食べられる。稲のように、食べてくださいといわんばかりの不思議な実をつける植物もある。

牛、豚、鳥などは肉を食べるとおいしい。


そのような世界に生まれて、より楽しい事を追いもとめるために人間は生きる。
修行なんてとんでもない。努力とか苦労という概念はない。誰だって、自分が好きなことのために練習したり工夫したりすることが苦痛でないように。

「なんて脳天気な考えだ」と呆れられるかもしれないが、今のところこれしか思いつかない。


こう考えると、「死にたい」という人に言えるのは、生きていて楽しいことが何もなくつらいだけであれば、止めはしないが、本当に自分が楽しいとか美しいと思うものはないのか?と聞くことくらいだ。

まあ、自分自身が死にたいので、今のは自問でもある。


私にはまだ、美しいと思うもの、楽しい(だろう)と思うことがいくつかある。ただ、それをおとなしく鑑賞したり楽しんだりすることが、諸事情によりできない。それらのことを思うと胸が締め付けられるような複雑な思いになる。だから、あえてそれらのことを考えないようにしている。そうなるとやはり、わたしにとってこの世界はただの苦界でしかない。だから死にたいと思う。


ただ、このような人生を楽しめないような状態になったのは、今までの自分の生き方が導いた必然である。私は今までずっと上記のような脳天気な死生観を持っていたわけではない。どちらかというと、「この世は修行の場である」という考えに近く、快いもの、楽しいものはほとんど悪であるとみなして、それらの深みにはまらないようにそーっと生きてきた。それらを味わって楽しそうにしている人々を見て、『彼らは快楽におぼれて自分をダメにしてしまうに違いない』と思っていた。

ところが、ダメになったのは自分の方だった。もはや私はこの世に存在する美や快感を味わう術を知らず、それらの刺激が強すぎて苦痛に感じるようになってしまった。私はいつの間にか、影に隠れて本当は楽しくも快くもない暗い喜びに浸るようになっていた。そしていつの間にかその自分を苦しめるようなことでしかない暗い喜びにしか感じない存在になってしまった。


こう言うと、あたかも「罰が当たった」かのようであるが、この世には規則もなければ罪も罰もないのである。ただ、自分の思いと行動が自分を作り上げ、それ次第でこの世には居づらい状況ができあがるのだ。



どうしてそうなってしまうのか?

この世に人間が生きる原動力が好奇心のようなものだとしたら、どうしてそれを自由にのびのびと発散して、世界に踏み込んで生きていかない人間が存在するのか。


ここで、先ほど近づいて触れなかったあるものの存在がある。

それは、霊魂と肉体とは別の第三者である。

霊魂も、肉体も、生も、死も、すべて認識している、「私」というものである。

私とは霊魂であろうか?肉体であろうか?どちらであるともいえない。
霊魂と肉体が交流することによって生まれるものだろうか?それもわからない。