般若心経について

私は3年ほど前に般若心経を暗記した。有名なものなので内容はさておいてとりあえず暗記してみたのである。2,3日で覚えた。しかし最近になって暗唱しようとしたらできなかったので、再度暗記して、覚えた。そしてこの時、いくつか疑問を抱いたのである。

これは最初に暗記したときからなんとなく感じていた事であるが、今回はとりあえずそれを記録しておきたいと思った。まず、この短いお経が、仏教の真髄だという事に対する疑問である。大般若経だけで600巻あるとか。ほかにもたくさんある。2,3読んでみたこともある。そのお経のエッセンスが般若心経であるなどという事は、あんな短いお経にまとめるなどという事は無理に決まっている、と思える。

次に、般若心経には、「般若ハラミッタ」の内容が書かれていない。観自在菩薩が、般若ハラミッタを行じているときに語った言葉である。行じるというのは、それを研究している、とでも言ったらよいのだろうか。その時に、シャリシに向かって、何もかもが無であると語り、だからボダイサッタやサンゼ諸仏は般若ハラミッタを唱えて悟りの境地に達した、般若ハラミッタは一切の苦を取り除く、究極の知恵である、すばらしいよ、般若ハラミッタは。という内容になっている。

「般若ハラミッタは素晴らしい」と言っているだけで、じゃあ般若ハラミッタとは何なのかは一切語られていない。また、般若ハラミッタを唱えればアノクタラサンミャクサンボダイが得られるというが、
それは般若心経の事か?般若心経とはハンニャハラミッタは素晴らしいといっているものであり、
ハンニャハラミッタそのものではない。もしくは、ギャテイギャテイ・・・と唱えることと同じである、といっているから、ギャテイギャテイ・・・を唱えればいい、という事なのだろうか?ナムアミダブツと同じように。クリスチャンがただイエスを主であると信仰しさえすればよい、というように。

般若心経そのものに疑問はあるが、言っている事に注目すべき内容もある。ハンニャハラミッタが必要な前提である、何もかもが無である、という説明である。まず、シキ=クウである。同様にして、ジュソウギョウシキも(クウである?)クウであるので、不であるものショウ・滅、ク・ジョウ、増・減。
それゆえに、無シキ 無ジュソウギョウシキ 無眼耳鼻舌身意それに対応する色声香味触法無眼界(目に見える世界)無意識界(意識の世界、精神世界?目に見えない世界?)無明は無く、無明が尽きることもない。老いて死ぬこともないし、老いて死ぬ事がなくなることも無い。苦が無くなる道はない。知ることも、得るものもない。

なんだか、やたらめったら無である無であると言っていて、もう「何もかもが無である、この世のすべては虚妄である」と言ってもらいたくなるが、多分、そういう意味ではないのだろう。ダライラマの仏教入門とかいう本で、「現象はどれひとつとしてそのもの自身で存在しているものはない」と言っていた。そういうと現代人は納得してしまうだろう。なんだかすべては相対的なもので観察者の主観により組み立てられているにすぎないのだ、と考えれば楽になるような気がする。しかし私は無というのはそんな簡単なものだとは思わない。

般若心経を語った人が、聞いた人に求めるリアクションとは、そんな事言ったって私は毎日シキショウコウミソクホウをありありと感じている、無だなんて嘘だ、少なくとも無であるとわかったところでどうにもならない!!というものである。

我々は朝起きて太陽が昇ってくるのを見る。それは実は太陽の周りを地球が回っているんだとかさらには地球は丸いんだとか重力で引き合っているとか太陽との距離は何十万キロあるとか、そんなことは知識として知ってはいても、われわれにとって重要で真実なのは東から上ってくる、ということのほうだ。何もかもが無である、という知識もそれと同じようなものである。


また忘れている。

まあ全然思い出していないから無理もないのだが。
しかし今回の忘れっぷりはひどかったので、少しショックだった。
二日酔い気味でもあったからな。

般若心経を覚えていたら、子供の頃風呂で母親におそわった遊びで、あわぶくたったというのがあったのを思い出した。「あわぶく」「わぶく」「あぶく」のどれかはあいまいである。あーぶくたった煮え立った、煮えたかどうか食べてみよう、トントントン、何の音?カゼの音。あーよかった。トントントン、何の音?おばけの音!!!ワー!というもの。

どんな詩だったかなとサーチしてみると、棚にしまって布団をしいて寝ましょうとかいうのがあったが、そんな下世話な歌詞ではなかった。ずいずいずっころばしも教わった。

般若心経を再度暗記していて気づいた事。後半にボダイサッタとサンゼショブツの成功談みたいなフレーズがあるが、彼らが成功した要因は二つあって、ひとつは無であり、もうひとつが依般若ハラミッタである。では我々も成功するにはどうしたらいいのか。無であることは悟った、とまではいかないまでもなんとなくわかる。では、般若はらみったとは何か?以前にも書いたが般若心経は般若ハラミッタであなたも悟れます、という何かの広告みたいなお経である。肝心の般若ハラミッタとは何かということがわからないのである。わたしの今の般若心経にたいするスタンスは、なにこれ怪しいなそんなうまい話あるかよ、というものである。

なんだか書きたくなって、筆ペンで書いて見た。何回か書いているうちに密じゃなくて蜜であるとかに気づいたが、だいたい漢字は当て字のようなものだからどうでもいいっちゃいいんだよな。

別に不安でたまらないとか自分を見つめなおすとか、そんなつもりはまったくない。以前になんだか無性にキュウリを薄く刻みたくなったことがあったが、それと似た感じだ。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...