パチンコで大負けする理由

08/05/25(Sun) 15:05
パチンコの還元率は80%から90%と、他のギャンブルに比べて高いという。
ところで還元率とは何か?
80%であれば、1万円使ったら8000円戻ってくる、ということか?
どう考えてもそんなに高くない。

使った金から見込める回収額のことをいうのなら、期待値となるのか。
しかしそれでも、90%くらい、といっている人がいる。
まあ、仮にそうだとして、話をすすめる。

08/05/25(Sun) 15:15
1万円使えば必ず9000円戻ってくる?そんな馬鹿な!!
と怒る人が多いだろう。わたしもその一人だ。記録をつけていたわけではないが、そうだな、50~60%がいいところじゃないかと思う。つまり、10万円使ったら4,5万負けるということ。
そりゃカネがなくなるわけだ。

理論上の期待値が90%なのに、どうして実際はもっと低くなるのかを、私なりに考えてみた。これにはギャンブルをする人の心理が関係している。

90%というのは確率上の話だから、波があって、試行回数≒プレイ時間が長くなればそこに収束していく。

90%と聞くとほとんど負けないんじゃないかという気がしてくるが、逆に考えるとかならず10%負けるということである。

08/05/25(Sun) 15:28
パチンコに勝つのは運なのだ。

勝つのは、たまたま確率以上にツイた時だけ、ということになる。
プロは運じゃないというが、それは必ず勝てる台を探してそれを打てばよいということであって、仕事をしている人には無理である。そして時間があったとしても、常に勝てる台を取れるとも限らないし、店が勝てる台をなくしてしまったらそれで終わりである。

結局プロは、技術ではなくてパチンコ業界が最終的な利益を見込んだ上で、少し遊びをもたせている部分に取り入っているだけで、実質的にはサクラのようなものである。プロにはその気がなくても、店側はそうとらえているだろう。

「パチンコには必勝法がある、勝てるギャンブルだ」と客に思わせる存在、店側からしたらそれほどありがたい存在はないだろう。

プロの方には不愉快かもしれないし、実際はもっと深いテクニックがあるのかもしれないが、
とりあえず、「プロはあくまでも例外」ということにする。
だって、もし本当にプロとしての技術が存在するのであれば、その技術を身につけた人は全員勝てなければならない。しかし、当然そんなギャンブルは成立しない。

胴元が儲けようとして開催するのがギャンブルである。

08/05/25(Sun) 15:30
そしてプロは、プロでない、休日にぶらっと来てボーッっとしてアニメやドラマなどのキャラが繰り広げる小劇場を見ながらカネと時間をつぶす大勢の負け組みの存在なしには、生活の糧を得られないのである。

08/05/25(Sun) 15:35
話はプロがどうの必勝法はありやなしや、ということではない。
理論上の期待値よりも、実際は大きく負けるのはなぜか、という話である。

朝10時から打ち始めたとする。
1時間で1万円投入して、大当たりが来なかったとする。今のパチンコじゃ1時間1万じゃなきかないかもしれないが、まあ、あくまでも例としての話。

玉は1個4円で借りて、換金率は1個2.5円とする。
いまはどうだかしらないが、私がやっていた頃は、ほとんどの店がそうだった。

1万円を使ったのだから、玉は2500発打ったことになる。ほぼ大当たり1回分である。
ここで大当たりがきて、2500発出たとすると、6250円で、投資額の62.5%が帰ってきたことになる。

08/05/25(Sun) 15:38
さあ、あなたがパチンコをやったとしたら、この時点で「今日はこのへんにしとくか」と帰るだろうか?ここで帰るような人は最初からパチンコなどやらないだろう。

このケースは62.5%だから、90%とかいう期待値よりもだいぶ低いから、もっと勝てるはずだ、と考えるのはもっともである。

それでは、理論上の期待値とほぼ同じになったらどうだろうか。

08/05/25(Sun) 15:45
7000円つかって、大当たりが1回でたら、ほぼ90%となる。
さあ、今度はどうする。「理論上の数字と同じだ、帰ろう!」となるか。
90%戻ってきたとは言え、700円程度とは言え、負けているのである。

まず、帰らないだろう。まあまあだな、勝負はこれからだ、と考えるのが普通である。

08/05/25(Sun) 15:51
イーブンだったらどうか。1000円勝ったらどうか・・・。

私の経験と周囲の客の行動を観察した結果では、
1、2時間たたないうちは勝ち負けに関係なく皆続行する。

やめる基準は、手持ちのカネがなくなるか、投資額が1.5倍くらいになったとき。
イーブンではまずやめない。一番やめにくい。5万使って6万になった、これでもまずやめない。

客は理論値よりはるかに高い額を回収しないと満足しないのである。
しかし、長くやればやるほど、収支はマイナス1割に収束していく。

比率は同じだが、当たり前の話だが、金額は増えていく。
1万円つかえば1000円、10万円つかえば1万円、50万つかえば5万円負けるのである。

08/05/25(Sun) 16:01
理論値をうわまわる結果を期待しているのだから、その事態がおとずれることは少ない。
しかし、財布のカネがなくなる事態はすぐにおとずれる。

3万円つかって一回もでない、なんてことは不思議でも何でもない。
10万となると店を疑いたくなるが、それもありえなくはない。
最近のギャンブル性の高い台であれば、丸一日打って全くでないこともありうるのではないか。

そのままずっと打っていれば、今度は確率を上回る連続大当たりが来るかもしれない。
我慢、我慢だ。
しかし、カネがなくなってしまったり、閉店になってしまえばそこで終わりだ。

その日打ち続けた台をそのままの状態にして翌日も打つことはできない。

08/05/25(Sun) 16:04
私も確率については、特にパチンコをやっていた時には不思議に思った。

大当たり確率が 1/300の台なら、300回打てば1回当たる計算になる。
しかし、1000回はずれた後だろうが、大当たり直後であろうが、確率は常に一定で、
1/300である。しかし、どう考えても1000回はずれた後のほうが当たりやすく思える。

08/05/25(Sun) 16:10
これは確率分布の話になるのではないかと思う。
確率自体は普遍であるが、その分布は統計学的に推定できる。

じっさいグラフにしている人がいたが、真ん中が高い山型のグラフになっている。
その人によると、あるパチンコ台では、1000人に一人がまる一日一回も大当たりしない確率だそうである。

08/05/25(Sun) 16:39
しかしここで疑問が生じる。

1日に2500回まわして一回もあたらない確率、
つまり (外れる確率)^2500 = 0.001となるのは、
1/272である。

0.001とは、1/1000である。

だとすると、2499回大当たりが出なかった次の試行で大当たりする確立は、
その試行だけ独立に考えれば 1/272で、
2500回トータルで考えれば 1/1000ということになり、
どう考えたってヘリクツである。

08/05/25(Sun) 16:50
確率云々の件は私もわかっていないのでおいておくとして、
言いたいことは、

1.パチンコとは胴元が儲かるようになっている。
2.勝てるのは偶然でしかない
3.客は勝たないと満足しない
4.客はカネがなくなるとやめざるを得ない
5.少々買った程度では満足しない
6.負けると悔しいので取り戻そうとムキになる

という理由により、

「パチンコの客は大負けするまでやめない」

という事です。

2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...