梨状筋症候群

だと思う。

 椅子に座ってしばらくたって立った時に最も痛む。 歩いているときはそれほど痛まず、むしろずっと歩いているとだんだん痛みがなくなるような感覚すらある。 だが、「治ったかな」と思ってちょっと足を動かすとズキンと痛む。

 痛むのは左側だけで、どこが痛んでいるのかがいまいちはっきりしないが、お尻の左側の「ホッペタ」の奥の方の感じ。 インターネットで検索して、痛みを軽減するストレッチというのを試してみたら少しやわらいだが、椅子に座ることを避けるわけにはいかない。 ずっと横になっているとあまり痛まないが、違和感はある。

 だんだんいろんなことが億劫になってきた。 最近運動不足なのだがこれではランニングもできない。 運動不足だからこんなことになったのだろうか。 今ほど痛みがないときに、歩くと腰から太ももにかけての裏側が突っ張ったような違和感があったのだが、寒さや運動不足のせいかなと思っていた。

低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、 彼らは大学を出ていないという共通点がある。 実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。 彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。...