ad

2013年6月13日木曜日

熱の出ない風邪

咳がでる。空咳。乾いた咳。なんで咳が出てるのかわからない。こんなことしても意味はない。なんとなくノドがムズムズしてその不快感を解消しようとしているかのような咳。

やがて鼻水が出てくる。どろどろしていない、水みたいな鼻水。そんなにずるずるはしない。 アタマが痛くなってくる。なんとなく体が熱っぽい。座っていられない。酒を飲む気にもならない。 眠くないが何もできないので横になる。

体を冷やすのはよくないだろうと思って長袖長ズボンのジャージを着る。 寝転がってiPadでyoutubeやニコ生ニコ動などを見るのもつらい。仰向けになって目をつぶる。 咳をするとアタマが痛い。明日は人と会う約束があるのだが断らなければならないかもしれないと思う。 

気がつくと寝ていた。目が覚めた瞬間は具合がよくなったように感じるがそれは一瞬で寝返りを打つとすぐに頭痛や咳が出てきて、さらに症状は悪化している。 これは熱がでているのではないかと測ってみるが、36.5度。ただし、わたしは平熱が36度もないくらいなので、ちょっと熱っぽいのかもしれない。 だが、「具合が悪いので今日の約束は延期してください」と言えるような体温ではない。一般的には平熱とされる体温だ。 だが、非常につらくて、立ったり座ったりすると頭が痛かったり咳がゴホゴホでるのであきらかに何か異常が起きている。 寝たり起きたりを繰り返し、おそらく2時間くらい寝た後に目覚めて、咳をするとようやくゴボゴボという湿った咳になり、けっこうな量の黄色い痰が出た。 約束の時間まではまだあるが、キャンセルするかどうかまだ迷っていた。熱を測ると36度ちょうどくらいで、やはり発熱はない。だがだるさやアタマの痛さはある。特に約束がない、通常の勤務であれば確実に休んでいるところだ。

その後何度か寝て起きては体温を測ることを繰り返したが症状もそれほど悪化せず体温は相変わらず平熱なので、約束の場所に出かけた。 

おそらく相手から見たら何の異常も感じられなかったのではないだろうか。多少咳こむことはあったが、風邪を引いたような咳ではない。 朝から何も食べず、駅の売店でオレンジジュースを買って飲み、待ち合わせ前に喫茶店でコーヒーを飲み、そのあとにさらにコーヒーを飲んだのでお腹がガブガブになっていたのか、お腹がゴロゴロゴロゴロ鳴る。でも別に下痢などはしていない。 食欲はあまりないが、夕食は普通に食べる。 それからまた寝転がる。夕べは断続的にではあったがずっと寝ていたので全然眠くない。咳はまだ少しでる。痰はほとんど出ない。鼻水も少しでる。 それからしばらく横になっていたら、だんだん具合がよくなってきた。咳もおさまり、頭痛もやわらいできた。 いいちこを飲む。

起き上がって、机に座り、いまこうしてこのエントリーを書いている。 治ったか? 薬の類はいっさい飲んでいない。 わたしは薬を飲むのをやめたのだ。下痢になっても、頭が痛くなっても、今日のように風邪でつらいがどうしても出かけねばならずとりあえず症状をやわらげたいというような時でも、薬は飲まない。 いままでは下痢をすれば正露丸を、風邪をひくもしくは風邪気味でつらければパブロンを飲んで、しばらくすると良くなったように感じていたが、薬を飲まなくても安静にしてしばらくすればやがて具合はよくなるものだということを知った。それどころか、薬を飲まないほうが治りが早いような気さえする。

風邪などというものは、最近はほとんど引かない。2年に一回くらいか。そして、だいたい風邪になるときというのはどうしても休めないような時ばかりで、実際私は仕事を風邪で休んだということはほんとうに数えるほど、3回もないと思う。 体調不良を理由に休むことは時々あるが、二日酔いか気分的に乗らないだけであって、本当の体調不良ではない。 今回の風邪のような症状はもうおさまりつつあるが、本当につらかった。でも、熱は出なかった。熱もでていないのだからきっと軽い症状だったのだろうが、そんな軽い症状でも堪えるほど私の体力が落ちたのだろうか。もしくは、精神的に弱くなったのだろうか。