スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

なぜ人を殺してはいけないのか

「なぜ人を殺してはいけないのか」という疑問が話題になったのは、確か10年かもっと前、少年による殺人事件が続けて起こった頃だったと記憶している。

その時は、誰も明確な答えは出せていなかった。ノーベル賞をとった有名な作家が「そんなことを聞くこと自体が失礼だ」みたいなことを言っていて、『そんなことしか言えないのか』と思った記憶がある。


最近、私は非常に「ルール」の厳しい職場で働き始めた。何かをするときに作成する書類のフォーマット、メールの出し方、印刷する時の方法、何から何までルールがあって息がつまりそうである。しかし、それらのルールは絶対守らねばならないものかというとそうでもなく、いざという時には「それは別にいいや」「本当はダメなんだけど、今回はしかたないね」などと、ルールが無視されることも多い。


そんな日々が続くうちに、ルールってなんだろう?と思い始め、そしてルールの代表である法律について考え始めた。

法律とはなんだろうか?厳密な定義ではなく、ざっくばらんに、子供が親に聞くように「法律ってなんですか?どういうものですか?なんのためにあるものですか?」と聞いたら、どういう答えが返ってくるだろうか。

おそらく、「人々が守らなければならないきまり」という答えが多いのではないだろうか。

私もそう思っていた。そして、それでいいとも思う。そういう考えで暮らしていってなんの問題もないと思う。

だが、私は気づいたのだ。「法律とは守らなければならないものでは、ない」と。


一番わかりやすいと思うので、殺人についての法律の条文を例にあげる。

刑法第199条である。

人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。
ここには、「人を殺してはならない」とは書いていない。極端な解釈をすれば、「死刑になる覚悟があるなら殺人をしてもいい」と言っているとさえ言える。


窃盗については、刑法第235条である。

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
ここにも、「盗んではいけない」とは書いていない。


一方、労働基準法は以下のように書かれている。

第4章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇  第32条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
2 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を…