ad

2016年5月6日金曜日

体調不良

昨年は仕事が忙しく、家に帰ってくるのは1時~2時という日が多かった。

週末は寝坊するが10時頃には目はさめる。

でも、そのまま寝床にいて、枕元に置いたPCやiPadなどを見て過ごす。

おっくうで何もやる気がしない。

3時くらいになると、このまま寝て過ごすのはもったいないと思い、出かける。


出かけても別に何をするというわけでもなく、あちこちをふらついて、

酒を飲んで、夜遅く帰る。


酒を飲まない日はない。

運動はしない。たまにしても、爽快さより疲労のほうが強く感じる。


そんな日々が続いたら、体調が悪くなった。

病院へ行ったり薬を飲んだり、仕事を休んだりするほどではない。


まず、常に痰が出る。

くしゃみをすると痰が出る。

が、出きれないで喉にからんでせき込むことがある。


下痢が多い。ほとんど毎日下痢をする。



朝食はとらず、夜は遅く寝る直前に食べる。

腹が出てきた。

肌が真っ白。


酒がまずくなった。

翌日、気持ち悪くなる。





最近仕事が少し楽になったせいか、下痢が治ってきた。

だが、その変わり困ったことがある。


便意をもよおすと、おなかというかほとんど肛門のあたりが、

キュイーンと音をたてているかのような痛みを発する。

痔ではない。


これは子供のころからたまに経験していたが、

最近また増えてきた。




なってもおかしくない、またはすでになっているかもしれない病気

糖尿病

痛風

膵炎

大腸がん

肝臓がん

喉頭がん

咽頭がん

後鼻漏

蓄膿症

すい臓がん


連休はがっつりとれて、しかもカネがなかったから、走った。

一時期はフルマラソンを走るくらい、走りこんでいた時期があったのだが、

最近はすっかり走らなくなっていた。



距離もスピードも当然ながら落ちている。


体重は増えている。マラソンを走ったころから10kgくらい増えている。



走っても、けがをして走れなくなることが多い。

そのけがも、膝が痛いとかではなく、だいたいふくらはぎを痛める。


筋肉痛が来る前に肉離れになりそうになる。

柔軟性の低下。



今年に入って、グルテンフリーを始めた。

小麦粉をとらないのだ。

具体的に食べない食品は、

ビール、ラーメン、揚げ物、うどん、スパゲティ、パンなど。


そんなに厳密ではない。最近はビールはたまに飲む。

でも、以前はほぼ毎晩、食事の時に飲んでいた。

酒を飲んで、ちょっと飲みすぎたから、というようなときにチェイサーのような感じで

ビールを飲んでいた。


そばは十割そば。その辺にある立ち食いそば屋のそばは、半分以上小麦粉であることを、

グルテンフリーを始めて、知った。

そば粉の割合は富士そばで4割、ゆで太郎で5割くらいらしい。


グルテンフリーを始めたばかりの頃はそばは食べてもいいと勘違いして食べていた。

最近は十割そばの嵯峨谷へよく行く。


グルテンフリーを始めたのは、明らかに太ってきたからだ。

それだけでなく、飲酒、ストレス、睡眠不足があきらかで、なんらかのことをしないと

身体がぶっこわれると思って始めた。


もう5月になったが、特にやせもしないし体調もあまり変わらない。

そもそもグルテンフリーはそれほど劇的な効果はもたらすものではないらしい。


あんなに毎日飲んでいたビールだが、飲みたくならない。

酒はおそらく死ぬまで、よっぽどの大病でもしないとやめることはないだろう。

でも、ビールは別に飲まなくても耐えられる。


特に、日本でビールといえばスーパードライ、ラガー、一番搾りなどであるが、

あの手のビールはコーンスターチだかが入っていて、

ドイツなんかではビールとして販売できないようなシロモノである。



体調改善を目的として始めたグルテンフリーであるが、

最近の不調はもしかしてそれのせいか?と思ったりもする。



もうひとつ気になっているのが、砂糖である。

私は最近、ほとんど砂糖をとっていない。


これは避けているというよりも、体が欲しない。


飲み物は基本的に無糖。コーヒーはブラック。

お菓子類は食べない。

たまに、チョコレートを食べる。


外食すれば、料理に砂糖が使われているかもしれないが、

自分が食べるものはおそらく砂糖など使われていない。


たとえば、定番の昼食は、ごはん、みそ汁、納豆、卵、塩じゃけである。

砂糖は使われていないだろう。

照り焼きとか、煮物とかなら砂糖が入っているだろうか?


砂糖については、その有害さをよく聞くので、砂糖をとらないのはいいことだと思っていたのだが、

最近、どうもアタマの疲労、つまり脳の疲労がなかなか回復しないように感じている。


砂糖は脳によい、という説もあるのだが、それを主張しているのは砂糖を製造している会社だったりして、信ぴょう性が疑わしい。

でも、実感として、砂糖をとらなくなってから自分にはつらつさとか、集中力とか、積極性とか、そういうものがなくなってきたような気がしてならない。


ほかにも、玄米は農薬が多く付着しているとか、魚を食べすぎると水銀中毒になるとか、肉も少し食べたほうがいいとか、カフェインは体にいいとか悪いとか、炭酸は歯を溶かすとか、

いろんな説があって、何を信用していいかわからない。


ただ、とりあえず私はコンビニではなるべく食品を買わないようにしている。

コンビニの弁当はもう2年くらい食べていない。


マクドナルド、吉野家、松屋等にも行かない。


最近行くのは韓国か中国料理屋が多い。


ファミレスとかも行かない。だから、食事の時に日本人が接客する店にいくと、なんか緊張しさえするようになった。



それから、日光。

以前、「人間にとって日光を浴びてよいことは何もないから極力避けるべきだ」という話をきいたことがあって、それだけが理由でもないが、あまり日光を浴びないようになっていた。

海へ行くとか、外でスポーツをするとかいうことをしない。

そういう機会があっても、あまり肌を焼かず、帽子をかぶったり袖のあるシャツを着るなどしていた。

最近は昼間に外に出ること自体がほとんどなくなった。

が、最近、少し日光を浴びたほうがよいのではと思うようになった。

きっかけは、腕時計である。

私の腕時計は電池ではなく太陽光で動く。


こないだ、その腕時計の日付が表示される小さな窓に「Lo」と表示された。

だいたい想像はついたが調べてみると、受光が不十分という意味であった。


数年していたがそんなことは初めてで、いかに自分が日光を浴びていないかがわかった。

日光についても、浴びることのメリットがいろいろあるらしい。



というように、いろいろ、健康のためにいいこと悪いことを見直している。


今まではそんなことは気にせずに元気で生きていられたのだが、

さすがに最近は過労と加齢によって、今まで通りに無頓着ではいられなくなった。