過労死

ある過労による自殺が大騒ぎになった。


私も企業の責任を問うようなことを発言したが、

あることが気になってきた。


自殺した人は若い女性で、ツイッターの発言を残していた。

亡くなったのは去年のクリスマス、12月25日の日中のようだが、その日は金曜日である。


彼女がなくなる一週間ほど前の12月20日に最後のツイートをしている。

12月20日は日曜日で、ツイートしたのは夕方である。


日曜日と言っても、彼女にはほとんど休みも、寝る時間もなかったようだから、

この日のツイートも仕事の合間にしたものかもしれない。


4年ぶりに彼氏と会う、と言っている。


聞いた話だが彼氏は海外に住んでいるらしい。4年ぶりに会うと言っているから、きっと本当だろう。


クリスマスに会いたかったのだろうが、それがかなわなかったのか、

会ったのだが何かよくないことがあった。


そして、12月25日に死んでしまった。


彼女の死因の第一は過労であったのかもしれない。


でも、それにしても、いくら過労状態であっても、自殺をしてしまうというのは珍しいことで、

過労以外のなにかがあったはずだ。


彼女のツイートを読んでみて、ところどころ、えっ?と思ってしまうような、

ツイートがいくつかあった。



皆彼女の会社を罵倒しているけど、

人が死ぬのはそんな単純な理由からじゃない。


もしくは、もっと単純な理由で死ぬ。


自殺するくらいなら転職すれば、という人がいるけど、

あまりに人のプライドを無視した、人間をただの虫けらみたいにみなした考えだ。


「死んだほうがマシだ」

という気持ちはなくしてはいけないものである。





低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、 彼らは大学を出ていないという共通点がある。 実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。 彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。...