エレベーターのバカ


10階建てのビルでエレベーターに乗ったとする。

自分が行きたい階は7階なので、「7」のボタンを押す。ボタンが点灯する。

エレベーターには自分を含めて3人乗っていたとする。

7以外に、3、5が点灯していたとする。

3人乗っていて3つの階が点灯しているということは、3人はそれぞれ違う階で降りることがわかる。


3階で一人降りた。

残るは二人である。自分の降りる階はわかっているから、もう一人の降りる階もわかる。

この場合は、私が7階で降り、もう一人は5階で降りる。


5階についてドアが開いた。

このとき、5階で降りる人がすぐに降りず、私が降りるかどうかうかがうようにする人がいる。

けっこういる。

バカじゃないのか?


外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...