エレベーターのバカ


10階建てのビルでエレベーターに乗ったとする。

自分が行きたい階は7階なので、「7」のボタンを押す。ボタンが点灯する。

エレベーターには自分を含めて3人乗っていたとする。

7以外に、3、5が点灯していたとする。

3人乗っていて3つの階が点灯しているということは、3人はそれぞれ違う階で降りることがわかる。


3階で一人降りた。

残るは二人である。自分の降りる階はわかっているから、もう一人の降りる階もわかる。

この場合は、私が7階で降り、もう一人は5階で降りる。


5階についてドアが開いた。

このとき、5階で降りる人がすぐに降りず、私が降りるかどうかうかがうようにする人がいる。

けっこういる。

バカじゃないのか?


50歳のダイエット

今年の冬から春にかけて体重が急増し、 特に腹がどんどん膨れてきたため、ついに本格的なダイエットをすることにした。 スタートはゴールデンウィーク。 十連休もあったため、食事制限や運動量などを試すのにちょうどよい機会だった。 体重のピークは77kg、体脂肪率は26.5くら...