ad

2017年8月14日月曜日

淋病

淋病になった。

まだ検査結果は出ていないがたぶん間違いない。

何度か経験があるのでわかる。


一番最初に同様の症状になったのは、もう20年くらい前のことだ。

その時は結局淋病ではなく、雑菌かなにかによる尿道膀胱炎という診断だった。

膿は出るのだが痛みはほとんどなかった。


それから数年後、今度はかなり痛み、膿の量も多く、マズいとおもって泌尿器科に行ったら、淋病だった。それが最初の淋病だった。

尿道に何かをいれられて激痛だったのを覚えている。


その後、何度かやっている。

10年くらい前に一回。ちょうど長期出張のタイミングで、1か月くらいホテルに泊まり続けていたのだが、病気じゃなかったら確実に遊びまくったところだ。

その時行った病院では大画面に私の尿にある淋菌を映し出してくれたのだが、
別にそんなものをみても何もわからない。

そして、最近の淋菌は薬に対する耐性ができて効かないことが多いからと、尻に注射を打った。

いずれもすぐ、確か一週間もたたずに症状は治まり、とくに後遺症も薬の副作用のようなものもなかった。

感染した行為はすべて特定できている。

いずれも避妊具なしの性行為である。


今まで処方された薬がなんだったのかは覚えていないが、
今回処方されたのはアモキシリンである。

毎食後および就寝前に一錠ずつ飲むように言われたのだが、

一回四錠と勘違いしていきなり四錠飲んでしまった。


薬を飲み始めた日に膿の量はだいぶ減ったが、排尿時の痛みはまだある。

最近は仕事をしていないときはほぼ常時酒を飲んでいるので、治りが遅いのだろうか。

もしくは、うわさに聞く薬が効かない淋菌なのだろうか.....


初めて性病になったときは怖くなって保健所へ行ってAIDS検査もした。

結果が出るまではもちろん、陰性とわかってからもセックスが怖くなり、

半年くらいかな、オナニーもしなかった。20代前半だったのに。


でも、ある冬の夜、職場の忘年会の後、酔って風俗へ行って、その禁は破れてしまった。


今では淋病なんか慣れて、風邪みたいなもんだと軽く考えるようになってしまったが、

いい年をして独身で風俗に行っていることを、医者に告白させられることの恥ずかしさ。

病気そのものよりそっちのほうがつらい。