淋病その後

まだ治ってない。

それどころか激化し、右鼠径部あたりが痛み始め、歩くのにも差し支える。

最初に処方されたのはアモキシシリンだった。

1週間飲んだが、ずっとパンツに膿が付きっぱなしで、効いてないだろうと思った。

検査の結果がでて、淋病とクラミジアに両方感染していることがわかった。

医師はアモキシシリンで淋病は治ったとみていたようで、次にクラリスロマイシンを2週間分処方された。

やや症状がおさまったように感じたが、2週間たってもまだウミが出ていて、

医師はもう一週間別の薬を飲んでその後検査しましょうといって、ミノサイクリンを処方した。

これを飲んでいるうちに、ほぼ自覚症状がなくなった。

そして検査をして、一週間後に病院に行く予定だった。

毎週土曜日に通っていたが、水曜日に膿が出てきた。そして、次の日になると鼠径部が痛み始め、

金曜日は立ったり座ったりするだけで痛むくらいになった。


土曜日病院にいくと案の定、淋病はまだ治っていなかった。

医師は「耐性があるのかな」などとのんびりしたことを言って、

グレースビットという薬を処方した。


アモキシシリンが効かなかったということは、5週間放置されていたことになる。

大丈夫だろうか。

もしこれも耐性があるとかいわれても・・・・。


インターネットで調べると、最近の淋病は経口の抗生物質ではなかなか治らず、
注射や点滴をする、という話がよく出てくる。

実際、10年くらい前は注射をした。

もうなんども病院を変えようと思ったのだが、なんか気まずいし、

所詮インターネットの情報で判断しているだけだから、

とりあえず医師に従っている。

でももうそろそろ限界だ.....

低学歴はヘイト好き

職場でよく差別的な発言をする人が何人かいるのだが、 彼らは大学を出ていないという共通点がある。 実は私も出ていないのだが、卒業こそしていないが入学はしている。 彼ら以外にも差別的発言、最近は「ヘイト」といわれるが、をする人を思い出してみても、いわゆる「低学歴」な人が多い。...