自転車のタイヤ交換

10年以上前に買った自転車。
先日チェーンが切れて自分で交換した。
その時にタイヤも交換しなければならないとは思っていたが、
車輪を外すのがめんどくさそうだったのでやれずにいた。


ある日、自転車に乗っているとき後輪に違和感を感じた。
車輪が一回転するごとに異物を踏んでいるような違和感。
さらっと見てみたが特に異常はなさそう。
空気が足りないのかなと空気を入れてみるが変わらず。


やがて、違和感が強くなってきた。
そして金曜日の朝、降りた後に後輪をよく見ると、タイヤが裂けてチューブがむき出しになっている部分がある。
その日はたまたま仕事が早く終わったので帰り際にタイヤを一組買って帰った。
そして土曜日の朝交換作業をした。


「後輪がめんどくさい」とはウェブにもよく書いてあるしタイヤを買ったときに店員さんも言っていた。
写真を撮りながら外していく。
後輪にはディスクブレーキがある。ここをいったん外さなければならない。
といっても車輪から外すのではなく、フレームに固定してある部分を外す。
ブレーキ自体はタイヤについたままだ。
だがブレーキワイヤを外すので後で再調整しなければならない。
車輪を外すので当然チェーンもはずす。
車輪の両脇を止めているナットを外す。
車輪がフレームにはまる部分は、U字の溝になっていて、そこに車輪をはめ、
U字の開いた部分にフタをするような金具がついている。

後輪を外すのはそれほど大変ではなかった。
それよりもタイヤをはめる方が大変だった。
タイヤはゴムではあるがけっこう硬くてそんなに簡単に伸び縮みはしない。
面倒なので工具を使ってグイグイ押し込んだ。
やっとはまった、と車輪をもとに戻し空気を入れてさあ試乗だと思ったら、後輪のチューブがはみ出している部分がある。
ヤバいヤバい、と、直すためにいったん空気を抜こうとしたら、
パーン!
チューブが破裂した。
驚いて飛び跳ね、しばし呆然とする。

チューブを買わないと。
疲れたので少し休んでチューブを買う。
リムテープも切れてビニールテープで補修していたのだがついでに買う。
というかリムテープはタダだった。

今度は慎重にタイヤとチューブをはめる。
ウェブにあったはめ方の動画を見ておいた。
工具は使ってはいけないそうだ。

無事交換が終了。

なかなかの達成感。


故障と修理

最近身の回りのものが次々に壊れる。

1.自転車のチェーンが切れた。

2.自転車のタイヤがバーストした(パンクではなく外側が擦り切れた)。

3.電気スタンドがつかない。蛍光灯を替えても。

4.スーツのスラックスのポケットに穴があいて鍵を入れると太ももにあたって冷たい。

5.仕事で履いている靴がほころびて雨の日は足がぬれる。

6.メガネのフレームが折れた。

7.霧吹きが吹かない。

8.プリンタの黄色が出ない。



1、2、4、7は自分で直した。




淋病その5 やっと治った

ようやく淋菌が陰性の検査結果をもらった。

3か月もかかった。

結局淋菌を殺したのは自由診療で2万払って点滴したセフトリアキソンだと確信している。

泌尿器科の先生は何で治ったと思うのだろうか。

カルテをみながら少し不思議そうな顔をしていた。


禁酒は一週間で絶えた。

だが、今回の淋病騒動で自分の生活のすさみっぷりを改めて感じ、

つましい生活を送るようにしている。

一日千円も使わない日々が続いている。



2018年年末の体調

尿検査でクラミジアと淋病は陰性 のどの検査も陰性 血液検査で梅毒は陰性 結局何にも感染していなかった。 医者は、前立腺炎ではないかという。 その場合抗生物質を長めに飲む必要があるということで、 さらに1週間分飲んだ。 尿道の軽い痛みはほとんどなくなったが、 ま...