カツカレー

大坂なおみがセリーナウィリアムズを破って優勝した時のインタビューで「カツカレーが食べたい」というのを聞いてから、食べたくなった。

最近はカレーライス自体をほとんど食べることがなかった。

さらにそれにカツが入っているとなると重すぎる。


体調がよく空腹のときに何回か食べた。

まず食べたのがなか卯だ。

プレミアムカツカレーとかいう名前で、850円くらいした。

カレーの色が濃い茶色っぽく、牛肉が入っていて、ちょっと甘いというのか、デミグラスソースというのか、よくわからないが私が好きなカレーではなかった。

次に食べたのは松乃屋で、これは理想に近かった。ルーは黄色っぽく、とくに何の変哲もないものだが、それを求めていた。

次は日乃屋。外観はちょっとおしゃれというか高級感を感じさせたが入ってみると食券式でファストフードだった。

少し時間がかかって出てきたカレーはルーがご飯を覆いつくしていた。それが少し嫌だった。

カレーはふつう。カツは大きく厚く柔らかかったが、なんの味もなかった。


今のところ松乃屋が一番よい。


日本のITが世界に通用しない理由が社会的文化的なものだというならどうするべきか

ある有名なIT系のベテランエンジニアの書いた「日本のITはなぜダメか」という短い話を読んだ。 ダメな理由は、理系の大学を出てエンジニアになっても自分はコードを書かず大学すらでていない下請けに書かせ下請けは言われたことをやるだけだから、というようなことであった。 カ...