中国

中国に出張に行ってきた。

威海という街。

聞いたことがなかったが、いろいろと調べていて、歴史の授業で習った「威海衛の戦い」の威海だということがわかった。

山東半島の、渤海に面したところにある。

半島や湾の名前も学校で習ったがすっかり忘れていた。


威海には空港があるが日本からの直行便はなく、韓国で乗り継ぎをした。

しかも金浦空港から仁川空港までの移動もともなう。


中国では現金があまり使えないという噂を聴いていて、alipayとwechatをiPhoneにインストールし、チャージしてみた。

日本でも使える場所があるので試しに使ってみたのだが、「中国の身分証明書がないので使えない」というようなメッセージが表示されて使えない。

しかし、中国では使えた。

小さな、飲み物やお菓子などが売っている店で、ペットボトルのお茶を買って使ってみたら使えた。

大きめの店ではalipayも使えるが、wechatが主流のようだった。

2軒の店で使ったが、どちらもwechatしかなかった。


現金が使えたかどうかはわからないが、使えるような雰囲気だった。

空港でおみやげを買うときにも使ったが、その時は店にいて案内してくれた日本語のできる女性が、「ウェイシン使えるんですか?」と逆に驚いていた。


小さなラーメン屋のような店にも行ったが、現金が使えて、50元払って6元のお釣ももらえた。

5元札と1元札だった。

ちなみに二人で麺料理をひとつずつと羊肉の串焼きを4本食べての値段である。

日本円で700円くらい。

味も量もなかなかで、出張中はいろんなおいしいものをごちそうになったのだが、

もう一度食べたいのはどれかと聞かれたら、この10元の刀削麺かもしれない。

その場で麺を打って作ったもので、パクチーがふんだんに入っていた。

私はパクチーは大好物だ。



今回は滞在期間も短く、食事や移動は現地の方に世話して頂いたので、

あまり中国についてよく知ることはできなかったが、

行く前に不安に思っていたような治安の悪さとか、ぼったくりとか、そういうことは一切なかった。




















外国語を理解するために必要なこと

久しぶりの海外出張に行って感じたのは、翻訳ツールの充実ぶりである。 誰もがもっているスマートフォンでは無料で使用できる翻訳アプリが使える。 パソコンではgoogle翻訳をはじめとして、これも無料で使える翻訳サイトがたくさんあり、翻訳の精度もずいぶん向上した。 アプリ等...